2019年4月の投資成績ブログ

2019年4月の投資成績

2019年4月の株式投資による週間成績と月間成績を更新しています。

2019年(1月~3月)投資成績ブログ
1200万円の投資資産をベースに管理人の2019年の株式投資による運用成績を約1週間ごとに随時更新しています。週間成績や月間成績などで株式投資でどういう取引をして、どういう損益が出ているのかがわかります。
スポンサーリンク

2019年4月の投資損益

2019年4月の投資成績です。

2019年4月の投資損益と資産推移

2019年4月末の保有株

2019年4月は最終週までは指数が上昇するのに保有株が上がらないという厳しい展開が続きました。

しかし、最終的には投資損益が+430,000円となり、4月にしては悪くない結果となりました。今年の4月は例年と違いGWに10連休の大型連休があることから、リスク回避の動きから株価が下落すると、大方の予測でしたが海外市場が好調であることから、しっかりと推移したまま終わりました。

5月は長い10連休が終わり、元号が変わってのスタートになりますが、令和の幕開けはどういう相場になるか楽しみです。

【2019年4月22日~26日の投資損益】ようやく保有株が上昇

2019年4月22日~26日の投資損益

2019年4月22日~26日の投資成績は、投資資産+355,000円(利益率+3.0%)、デイトレード・スイングトレードの損益+62,000円(利益率+0.5%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

4月に入ってから指数の上昇に連動しなかった保有株もようやく上昇してくれました。主にイマジニア(4644)の任天堂スイッチ向けソフト「フィットボクシング」の売れ行きが30万本を超えたことで、株価が上昇したのが要因です。

イマジニアに関しては昨年からずっと情けない株価の推移が続いていましたが、先日に赤字を垂れ流し続ける水力発電の撤退をキッカケに、株価が底堅くなってきそうな雰囲気があります。

他の保有株は比較的大人しいものの決算発表後には方向感が出てくると思うので、いい方向に動いてくれることを期待しています。

【2019年4月15日~19日の投資損益】パッとしない保有株

2019年4月15日~19日の投資損益
2019年4月15日~19日の投資成績は、投資資産+151,000円(利益率+1.3%)、デイトレード・スイングトレードの損益+16,000円(利益率+0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

先週は大きく資産が目減りしましたが、今週は少し回復し月間損益もプラスになりました。ただ、保有株と全体相場を比較すると弱いですね。

海外投資家が買い、国内投資家が売るというスタンスらしいので、私の保有株のように小型株中心のポートフォリオを組んでいる投資家には4月は厳しい1ヵ月かもしれません。

ただ、決算発表前によく知らない銘柄に乗り換えるのもリスクになるので、今月は静観しようと思います。毎月プラスで終わるに越したことはないですが、10連休も控えていますので来週はどうなるか。多くの個人投資家にとって良い一週間になればいいですね。

【2019年4月8日~12日の投資損益】日経平均株価に置いて行かれる展開

2019年4月8日~12日の投資損益
2019年4月8日~12日の投資成績は、投資資産-181,000円(利益率-1.5%)、デイトレード・スイングトレードの損益+14,000円(利益率+0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

今週も保有銘柄に動きなしでした。閑散に売り無しとは言いますが、保有株はジワジワ下落しています。NT倍率も高水準のようですし、指数は膠着しているとはいえ相場の雰囲気が良いとは言えません。

とりあえずGW明けまでは、保有株をどうこうしようとは思わないので、このまま含み益が出ても含み損が出ても放置しようと思います。

【2019年4月1日~5日の投資損益】新年度を迎え動きの少ない相場に

2019年4月1日~5日の投資損益

2019年4月1日~5日の投資成績は、投資資産+103,000円(利益率+0.9%)、デイトレード・スイングトレードの損益+9,000円(利益率+0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

3月決算の企業の配当取りも終わり、10連休明けから本格化する本決算発表までは動きにくい相場になりました。

私の保有株も中小型株がメインなので、さらに動きの乏しい1週間でした。

木曜日は久しぶりにノートレになったくらいですから、とても暇な毎日です。

ただ、本決算発表が始まると今期の業績予想は消費増税や景気の減速もあり、シビアに出してくる企業が多いと思うので、新たな銘柄を仕込むには時期が悪いと思っています。

「休むも相場」を意識して別の収入を増やすために時間を使い、本決算発表が出たあとに今後の投資戦略を本格的に決めようと思います。

コメント