楽天証券の株式投資「取引手数料」と「特徴」

楽天証券
 証券口座数が200万を超える楽天証券は、主要なネット証券の中の一つです。株式取引ツールの『マーケットスピード』は、個人投資家の支持も強く人気の高いツールとなっています。
スポンサーリンク

楽天証券のコース別手数料

超割コース/超割コース(大口優遇)の手数料

現物取引の手数料
約定金額 超割コース 超割コース(大口優遇)
10万円まで 139円(150円) 90円(97円)
20万円まで 185円(199円) 180円(194円)
50万円まで 272円(293円) 238円(257円)
100万円まで 487円(525円) 426円(460円)
150万円まで 582円(628円) 509円(549円)
3,000万円まで 921円(994円) 806円(870円)
3,000万円超 973円(1,050円) 851円(919円)
信用取引の手数料
約定代金に関わらず 360円(388円) 0円

※()内は税込表示
※大口優遇の条件は楽天証券のこちらのページをご覧ください

超割コースのポイント
1回の取引金額で手数料が決まる
取引手数料の1%(大口優遇なら2%)を楽天スーパーポイントでポイントバック

いちにち定額コースの手数料

いちにち定額コースでは現物取引も信用取引も同じ手数料体系です。

1日の約定金額合計 手数料
10万円まで 0円
20万円まで 191円(206円)
30万円まで 286円(308円)
50万円まで 429円(463円)
100万円まで 858円(926円)
200万円まで 2,000円(2,160円)
300万円まで 3,000円(3,240円)
以降100万円毎に1,080円

いちにち定額コースのポイント
デイトレード割引(日計り取引片道手数料無料)がある。

デイトレード割引とは?
 『いちにち定額コース』を選択した場合、1日で取引を手仕舞うデイトレード(日計り取引)をした際、返済手数料が無料となる割引プランです。

楽天証券の特徴

業界最低水準の手数料

 約定一回毎に取引手数料が決まる超割コースでも手数料は業界最低水準ですが、大口優遇になればさらに手数料がお得になります。さらに楽天スーパーポイントがポイントバックされますので、楽天のサービスを利用しているのであれば、さらにお得です。また、いちにち定額コースでもデイトレードで利用するのであれば、実質片道しか手数料がかからないので、手数料を非常に安く抑える事が出来ます。

快適な取引ツール

 楽天証券の株式取引ツール「マーケットスピード」は1999年の登場以来、60万人以上が利用している、オンライン・トレーディングツールです。豊富な情報と多彩な機能で、初心者からアクティブトレーダー、長期投資家まで、すべての投資家を強力にサポートしています。