サラリーマンの専業は今後リスクが高くなる理由と解決方法

サラリーマンの専業は今後リスクが高くなる理由と解決方法

終身雇用が約束され、安定した収入が得られるサラリーマンは多くの日本人にとって当たり前の生き方でした。ある意味、サラリーマンになれば一生安泰とも思えるような固定観念さえ日本人の中には浸透していたと思います。

しかし、今後サラリーマンのみで生活をするという生き方が、リスクの高いものになっていくのは間違いありません。

今回はそんなサラリーマンの専業におけるリスクと解決方法について解説します。

スポンサーリンク

サラリーマンという生き方の特徴

多くの人にとっては、サラリーマンとして生きる事は当たり前のことです。私自身も以前は某企業に就職し、給与を貰って働いていました。

日本人の大多数が何らかの形で企業に属し、毎月ほぼ一定額の給与を貰うという生き方は、現代社会の一般的なライフスタイルと言えます。

サラリーマンのメリット

そんなサラリーマンとして生きるメリットは次の通りです。

  • 継続的な安定収入
  • 終身雇用
  • 賃金は基本的に毎年増加
  • 厚生年金で老後の収入も確保
  • 社会的信用が高い

このように、「安定」と「信頼」があるという理想的な形態がサラリーマンと言えるでしょう。

サラリーマンのデメリット

安定と信頼を得る一方で、サラリーマンとして働くことにもデメリットはあります。

  • 収入の頭打ちがある(平均年収450万円程度)
  • 会社の倒産リスク
  • 1日8時間以上の時間的拘束
  • 転勤や異動により強制的な環境の変化

安定と信頼を得る代わりに、時間的拘束や収入に上限があることがサラリーマンでいることの一般的なデメリットと言えるでしょう。

サラリーマンのメリットは今後デメリットになる可能性

ただし、これから起こり得る経済や社会の常識の変化によって、サラリーマンでいることのメリットが失われつつあるのも事実です。

  • 継続的な安定収入→継続的な収入はある
  • 終身雇用が原則→終身雇用が保証されない
  • 賃金は基本的に毎年増加→手取り収入は減少(増税)
  • 厚生年金で老後の収入も確保→年金だけでは不足
  • 社会的信用が高い→社会的信用は高い

これは今に始まったことではありませんが、特に年金問題や増税によって、これらのメリットはさらに失われていく可能性が高いと言えます。

結果として、サラリーマンとしての収入だけで専業とするのはリスクが高い社会になっていくのは間違いないでしょう。

サラリーマンの専業はリスクが高いが・・

専業としてサラリーマンをするのはリスクが高いとは言えますが、「安定した収入」や「社会的信用」という点は大きなメリットであることに違いはありません。

そのため、多くの人にとっては今すぐにサラリーマンを辞めることの方がリスクが高い生き方であることも事実です。

では、サラリーマンを続けながら、今後加速するであろうリスクを抑えるにはどうすれば良いでしょうか?選択肢は2つしかありません。

資産運用か副業によるリスク分散

サラリーマンに今後起こり得るリスクを抑える方法としては、単純に「給与以外の収入を確保する」しかありません。

そして、サラリーマンをしながら他の収入を確保するには「資産運用」か「副業」の2つの選択肢しかないとも言えます。

リスク分散の資産運用の考え方

資産運用の考え方は「お金にお金を稼いでもらう」ということです。

自分の保有する「資産」を投資で運用し、配当金や売買益などで増やしていくことが資産運用です。

資産運用のメリットとしては以下の事が挙げられます。

  • 投資に時間を費やす必要はない
  • 資産が複利で増加する

基本的に資産運用のためにかける時間は1日1時間も必要ないために、本業をしながらでもプライベートな時間を圧迫せず理想的なリスク分散の方法と言えるでしょう。

もちろん多くの時間を費やす方が、資産運用の効率は上昇しますが、仕事をしながら多くの時間を費やすのは非現実的です。

また、資産が多くなるほど得られる収入も多くなるのも資産運用の特徴です。

逆に資産運用のデメリットは以下の事が挙げられます。

  • 損失になる可能性がある
  • 基本的な知識が必要

資産運用は100%利益になるとは言えないことも事実です。特に投資教育がない日本では、投資の基礎知識すら一般的な人は持ち合わせていません。

そのため、資産運用のためには0から勉強し基本的な知識を身につける必要があると言えます。

サラリーマンにオススメの副業の考え方

説明するまでもありませんが、副業とは本業以外の仕事です。

ただし、サラリーマンが普通のアルバイトなどで副業をするということは、労働時間がその分増えるということですから、オススメ出来るものではありません。

サラリーマンのリスク分散のために副業をするのであれば、次のような条件が望ましいでしょう。

  • 専門的な技術や知識が得られる
  • 自由に時間を決めて働ける

このような事から、サラリーマンとして本業を持ちながら副業をするには、ある程度限られた方法になると言えます。

そのような条件を満たす副業として私がオススメするのは以下の2つです。

  • ブログやYoutubeなどでコンテンツ発信
  • クラウドソーシング

時間的な制限が少なく専門性を持たせることが出来るために、これらの副業は魅力的であると言えます。

ブログやYoutubeなどでのコンテンツの発信は、本業のサラリーマンとして得られる情報を発信するのがオススメです。

例えば、家電量販店に勤めていれば家電製品の専門的な知識を発信できますし、美容系の職であれば美容に関する情報を発信することが出来ます。

それらの情報に広告を含める事で、継続的な収入が見込めるでしょう。

クラウドソーシングではネットを通じて仕事を受注し成果を出し続けることで、将来的に独立して事業を立ち上げる可能性も視野にいれることが出来ます。

サラリーマンのリスクは早い段階で対応するのが吉

サラリーマンとしてこれから生じるであろうリスクには、1日でも早い段階で対応するのが大切です。

特に今回紹介した資産運用や副業については「続ければ続けるほど成果になる方法」です。

今はまだ必要がないと思うのではなく、今後起こり得るリスクを常に意識して余裕をもって行動することが、これからの社会で生きるためには必要になってくるでしょう。

コメント