SBI証券の「取引手数料」と「サービスの特徴」【2019年度】

SBI証券サムネイル

SBI証券はネット証券の中で口座開設数トップの証券会社です。私もSBI証券をメインの証券会社として利用していますが、手数料も安く、取引ツールも優れていて、扱う商品や情報もとても充実しています。

これから株式投資をスタートする人には、まず最初に開設してほしい証券会社です。そんなSBI証券の取引手数料と主な特徴について解説します。

スポンサーリンク

SBI証券の手数料

SBI証券の国内株式(ETFも含む)の取引手数料は以下の2つのプランがあります。

  • 1約定ごとに手数料が決まる「スタンダードプラン」
  • 約定金額の合計で手数料が決まる「アクティブプラン」

スタンダードプランとは?

スタンダードプランは、1注文の約定代金ごとに取引手数料が確定するプランです。

例えば現物取引で40万円の注文を出して、それが約定すれば以下の表のように50万円までの手数料250円(税込270円)がかかる計算になります。

スタンダードプランの取引手数料
1注文の約定代金 現物株式 信用取引
5000万円未満 5000万円以上
5万円まで 50円(税込54円) 90円(税込97円) 0円
10万円まで 90円(税込97円)
20万円まで 105円(税込113円) 135円(税k身145円)
50万円まで 250円(税込270円) 180円(税込194円)
100万円まで 487円(税込525円) 350円(税込378円)
150万円まで 582円(税込628円)
3000万円まで 921円(税込994円)
3000万円超 973円(税込1050円)

アクティブプランとは?

アクティブプランは、1日の約定代金に応じて取引手数料を適応するプランです。

例えば、1日で現物株式で50万円の約定と30万円の約定があった場合には、合計で80万円になり、それに適応した手数料の762円(税込822円)が取引手数料になります。

アクティブプランの取引手数料
約定代金 現物株式 信用取引
5000万円未満 5000万円以上
10万円まで 0円 0円 0円
20万円まで 191円(税込206円) 239円(税込258円)
30万円まで 286円(税込308円)
50万円まで 429円(税込463円)
100万円まで 762円(税込822円) 477円(税込515円)
以降100万円毎に 400円(税込432円) 400円(税込432円)

取引手数料の特徴

SBI証券の取引手数料の特徴は、何と言っても業界最安水準の手数料であることです。

私は10年ほどSBI証券を利用していますが、ネット証券での取引手数料の価格競争は非常に激しい状況です。そんな中でもSBI証券は、常に最安値水準を維持し続け、他社が取引手数料を下げれば、それに対応して手数料の値下げに踏み切っています。

特にアクティブプランでは10万円以下の取引手数料が0円となっているので、1日に10万円までの取引であれば、手数料が一切かかりません。

つまり、10万円以下の株を数日に一回程度売買するような個人投資家であれば、一切の経費が掛からず実質無料で株式投資が出来るということになります。

公式ホームページはこちらから→ SBI証券

疑問:信用取引の方が取引手数料が安いのはなぜ?

株式投資の手数料を比較していると、どの証券会社も現物株式よりも信用取引の方が手数料が安くなっています。

その理由は、信用取引では取引手数料の他に「金利」がかかるからです。SBI証券では年間で2.8%の金利(制度信用取引の場合)がかかるために、取引手数料が現物株式よりも優遇されていることになります。

具体的な例を挙げると、年間で2.8%の金利なので50万円の株を1ヵ月保有しても1000円程度です。

SBI証券のサービスの特徴

SBI証券がネット証券でNO1である理由は取引手数料が安いからだけではありません。提供するサービスの多さや質が多くの個人投資家に認められているからこそです。

高性能な取引ツール「Hyper SBI」

HYPERSBI

株式取引ツール「HYPER SBI」は非常に高性能で、一度の多くの株価情報や経済ニュースを閲覧できます。

私がSBI証券をメインの証券口座として使い続けるのも、この「Hyper SBI」の性能の高さを知っているからです。

PTS取引で夜間取引も可能

PTSは「私設取引システム」とも言われ、証券取引所を通さずに有価証券を売買することができる、証券会社などが独自に開設しているコンピューターネットワークを利用した取引システムです。

SBI証券の夜間PTS取引では株式市場が開いていない「17:00~23:59」にも株の売買が出来るため、日中に仕事で取引が出来ない人でも株取引をすることが可能です。

また、夕方以降に出た会社情報をもとに夜間の売買をすることが出来ますので、取引チャンスも大きく拡大します。

外国株の取り扱い数が主要ネット証券トップ

アメリカ株式を筆頭に、中国や韓国、新興国などの外国株式を幅広く取引出来るのもSBI証券の強みです。

特にアメリカ市場は、日本時間の夜11時前後から始まるために、日中に働く人にとってもリアルタイムに株の売買が出来る市場です。

SBI証券で取り扱う海外株とETF

  • 米国株式:約1,850銘柄
  • 中国株式/HDR:約1,400銘柄
  • 韓国株式:約60銘柄
  • ロシア株式:約30銘柄
  • ベトナム株式:約330銘柄
  • インドネシア株式:約30銘柄
  • シンガポール株式:約40銘柄
  • タイ株式:約70銘柄
  • マレーシア株式:約40銘柄
  • 海外ETF:約360銘柄

IPO銘柄の取扱い数トップ(2018年3月期)

IPO取扱銘柄数の推移

IPO株の取り扱い数が多いこともSBI証券に口座を開設する大きな魅力的です。

IPO株とは

IPO銘柄は、新しく株式市場に上場する銘柄のことです。成長性が高く、事業規模の拡大が期待されることから、IPO銘柄は大きく値上がりしやすい特徴があります。

SBI証券では、毎年多くのIPO銘柄を取り扱い数は、多くの証券会社を抑えて堂々の1位(2018年3月期)です。

IPOのメリット

IPO最大のメリットは、上場前に成長性の高い株を購入できることです。市場で売買されると、人気のある成長性の高い株の価格は大きく上昇することが多く、IPO段階で株を買う事が出来たら、将来的にも大きなリターンが期待できます。

口座開設数№1の理由は実績があるから

私自身も10年以上、 SBI証券 をメインの証券口座として使用しています。その理由は、SBI証券のサービスやツールが自分にとって一番使いやすいからです。

実績があるということは、それだけ多くの個人投資家にとって、利用する価値のある証券会社だからとも言えるでしょう。

もし、またSBI証券の口座を開設していないなら、無料で口座を開設してみてはいかがでしょうか。

公式ホームページはこちらから→ SBI証券