2019年11月の投資成績

2019年11月の投資成績

2019年11月の株式投資による週間成績と月間成績を更新しています。

先月の投資成績はこちらから

2019年10月の投資成績
2019年10月の株式投資の成績を掲載しています。投資損益や保有株の動向、売買の内容など。
スポンサーリンク

2019年11月の投資損益

2019年11月の投資成績は、+830,000円(6.9%)、デイトレード+102,000円(+0.9%)になりました。※投資資産1200万円として計算

2019年11月の投資成績

2019年11月のポートフォリオ

近年稀にみる堅実な資産増加です。月初で大きく資産を増やし、そのまま緩やかに上昇させることが出来ました。

実力というわけではなく相場がそういう相場だったからですが、投資家にとって一番心が休まる相場と言って良いでしょう。

しかし、そんな相場でも一寸先の景気は良くないと考えていますので、保有株は少しずつ売却しました。結果、先月末に比べて300万円程度、株の保有資産は減少しています。1200万円ベースで考えているのに約半分です。

ただ、今年の相場に限って言えば、及第点となる資産を築けたので今年いっぱいは無理することなく、上昇する株については売却を続けていこうと思います。

また、年始くらいから上昇余地の大きい銘柄をスクリーニングして、再び仕切りなおす予定です。まだ一カ月ありますが、平穏な相場で終わることを期待しています。

【2019年11月第5週の投資成績】中小型株に循環物色

2019年11月第5週の投資成績

2019年11月第2週の投資成績は、+165,000円(1.4%)、デイトレード+16,000円(+0.2%)になりました。※投資資産1200万円として計算

今週は米国が感謝祭で平日にお休みがあるなど、比較的穏やかな一週間でした。閑散に売り無しというか売り材料が乏しいのか、相場も底堅く推移。

保有株の中でもローテーションで上昇する銘柄が日々入れ替わり堅調でした。

【2019年11月第4週の投資成績】中小型株に循環物色

2019年11月第4週の投資成績

2019年11月第2週の投資成績は、+82,000円(0.7%)、デイトレード+24,000円(+0.2%)になりました。※投資資産1200万円として計算

一週間を通じて緩やかに資産が増加する一週間になりました。ようやく中小型株に式が回ってきたような週になりましたが、保有株でも少し前から動意づいているイマジニア(4644)、ウィザス(9696)が引き続き堅調に推移しました。

この一連の上昇相場が崩れる前に、ある程度売却していきたいと思います。

【2019年11月第3週の投資成績】ダウ最高値

2019年11月第3週の投資成績

2019年11月第2週の投資成績は、+79,000円(0.7%)、デイトレード+42,000円(+0.4%)になりました。※投資資産1200万円として計算

2019年11月の第三週もダウは最高値を更新して終わりました。日本株はやや停滞気味でしたが、保有株は全体的に堅調。

ある銘柄が調整すれば他の銘柄が上昇する循環が出来ていて、少しずつ資産が増える展開です。もちろん、これがずっと続くわけではないので、少しずつ保有株を減らしている状態ですが、資産が自然と増えるのは投資においては一番精神的に健康です。

11月は投資以外で色々と大きなイベントが続いていて、心身ともに忙しいですが株で安定して利益が出ていることが何よりの助けになっています。

【2019年11月第2週の投資成績】トレンド転換?

2019年11月第2週の投資成績

2019年11月第2週の投資成績は、+247,000円(2.1%)、今月+504,000円(+4.2%)になりました。※投資資産1200万円として計算

11月に入って米国株も日本株も堅調に推移しています。保有株もイマジニアを筆頭に堅調な株価推移が続いているために、今月わずか5営業日で50万円超の資産増になりました。

ただ、トレンドは強くても本質的には経済は減退期に入ると考えているので、段階的に保有株を売却していて、現在の保有株の総額は900万円に満たない程度です。

今年の投資利益としては及第点の結果は残せていると思うので、ここから先は上昇した銘柄に関しては、さらにポジションを減らして現金比率を高めていこうと考えています。

今週もお疲れさまでした。

【2019年11月第1週の投資成績】トレンド転換?

2019年11月第1週の投資成績

2019年11月第1週の投資成績は、+257,000円(2.1%)、今月+257,000円(+2.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算

9月10月と堅調な相場が続いていましたが、11月1日は久しぶりに大きく下落してスタート。ただ、その後はジリ高でプラ転こそしなかったものの、小幅安水準に収まりました。

ひとまず、米中問題は安心一服という感じで、これ以上はリスクオンの姿勢が見られるような相場にはなりにくいと個人的には思っています。つまり、上昇余地は少ないと考えています。

相場は下落しましたが、保有株は何故か堅調。イマジニアとビケンテクノが大きく上昇しました。

イマジニアは中間決算通過で、今後発表されるであろうゲームアプリや中国で展開する事業に期待が入ったからか大きく上昇しました。ビケンテクノは元々割安過ぎるので、ただ単に上昇しただけだと思いますが。

どちらも少しだけ売却して元の株価に戻るようなら買い戻し、上がるようならそれで良いという感じです。

まだ、11月は始まったばかりなので月末には資産がマイ転することもあるかもしれませんが、今週末は気持ちよく迎えられそうです。

コメント