2019年6月の投資成績

2019年6月の投資成績

2019年6月の株式投資による週間成績と月間成績を更新しています。

スポンサーリンク

2019年6月の投資損益

2019年6月の投資成績です。

2019年6月の投資成績2019年6月末のポートフォリオ

2019年6月の投資成績は、投資資産+544,000円(利益率+4.5%)、デイトレード・スイングトレードの損益+43,000円(利益率+0.4%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

先月は保有株の酷い下落を受けて散々な結果でしたが、その分今月は全体的には反発しました。さらに配当金の振り込みが10数万円程度あったために、しっかりと利益を乗せる事ができました。

今月はFOMCでの7月米国金利引き下げが確実視されたことから、ドル安が進み円高によって日本企業の業績が圧迫されるとの見方が強くなり、今後の日本株市場にとっては逆風になりそうです。

個別の主な取引では、先月選挙関連株として上昇したイムラ封筒(3955)が衆参同時選挙の可能性がなくなったことから反落したので買い戻し、先月不自然に下落したため買い集めたビケンテクノがしっかり反発しているので、含み益が拡大している状態です。

数年前のような一気に利益を取れるような相場ではありませんが、7月も慎重に少しづつ利益を積み重ねていきたいと思います。

【2019年6月24日~28日の投資成績】膠着相場

2019年6月24日~28日の投資成績

2019年6月17日~21日の投資成績は、投資資産+256,000円(利益率+2.1%)、デイトレード・スイングトレードの損益+17000円(利益率+0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

FOMCを終えて、G20の開催にむけての様子見ムードの強い一週間でした。ザラ場の相場の動きは少なく、デイトレードには難しい相場でした。

保有株ではビケンテクノ(9791)がようやく底値圏から脱出してきた印象で、資産的にはしっかり上昇した一週間になりました。

【2019年6月17日~21日の投資成績】ドル安ピンチ

2019年6月17日~21日の投資成績

2019年6月17日~21日の投資成績は、投資資産+86,000円(利益率+0.7%)、デイトレード・スイングトレードの損益+20,000円(利益率+0.2%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

週間で通してみると、日経平均株価は上昇していますが、水曜日のFOMCの声明で年に数回の米国金利の引き下げが確実視されるようになりました。

その結果、ドル安が進みドル円は107円台の前半まで突入しています。円高は輸出産業の強い日本にとっては大きな景気減速懸念となるために、今後の円高ドル安も懸念される今では、日本株の上値は重い状況が続くかもしれません。

私の保有株は基本的には、内需中心の事業を行っている会社がほとんどなので、直接的な影響はないかもしれませんが、それでも日本経済全体の先行きが悪くなると株価は上昇しにくくなるのは間違いありません。

日本政府や日銀の対応が期待されますね。

【6月10日~14日の投資成績】ボラのない相場

2019年6月10~14日の投資損益

2019年6月3日~7日の投資成績は、投資資産+260,000円(利益率+2.2%)、デイトレード・スイングトレードの損益+10,000円(利益率0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

今週は週初に大きく上昇して始まるも大きな値動きもなく、東証1部の売買も少ない一週間でした。

これだけ相場が動かないとデイトレードはすることがありません。

ただ、保有株は直近で大きく下落していた分が落ち着いたようで、少し反発。また、3月末決算企業の配当金が入り始めたので、資産推移はプラスになりました。(今週の配当分は10万円弱くらい)

来週はFOMCです。おそらく金利の引き下げはないと想定されていますが、それでも何が起こるかはわかりません。ということでFOMCまでは大人しい相場が続くのかなと思います。

そろそろ保有株のどれかが大きく上昇して欲しい。今週もお疲れ様でした。

【2019年6月3日~7日の投資成績】相場は反発も保有株は続落

2019年6月3日~7日の投資成績

2019年6月3日~7日の投資成績は、投資資産-46,000円(利益率-0.4%)、デイトレード・スイングトレードの損益-4,000円(利益率0.0%)になりました。※投資資産1200万円として計算しています。

相場は小幅に反発したものの、保有株では続落しています。「閑散に売り無し」とは言いますが、「閑散過ぎて売りしかない」といった状況です。

加えて、デイトレードも保有株が動かないので調整売買もできず、小幅損失という結果です。

ここ数カ月ほど苦しい展開が続きますが、株は株、プライベートはプライベートとしっかりと気分を入れ替えつつ、少しずつ挽回していきたいと思います。

コメント