2020年1月の投資成績

2020年1月の投資成績

スポンサーリンク

2020年1月の投資損益

2019年1月の投資成績は、+415,000円(0.7%)になりました。※投資資産1200万円として計算

2020年1月の投資損益

2020年1月末のポートフォリオ

 

【2020年1月第4週の投資成績】イマジニアを全売却

2020年1月第4週の投資成績

2019年1月第3週の投資成績は、+174,000円(1.5%)、デイトレード+164,000円(+1.4%)になりました。※投資資産1200万円として計算

コロナウイルスの感染拡大を受けて世界的に相場は荒れ模様でした。私の保有株も厳しい下落に見舞われ、30日には今月マイナスになるも31日に保有株のビケンテクノ(9791)の子会社の消毒薬が材料視されて大幅上昇。

また先週全売却したイマジニア(4644)も売却価格よりも安く買い戻し、反発に乗れたのもあって利益を上乗せしました。

終わってみれば月間利益が40万円となり好調でしたが、ビケンテクノの材料がなければ厳しい展開だったことは間違いありません。2月も引き続きコロナウイルス関連で右往左往しそうですが、大きな損失を出さないように気をつけて相場と向き合いたいと思います。

【2020年1月第3週の投資成績】イマジニアを全売却

2020年1月第3週の投資成績

2019年1月第3週の投資成績は、+83,000円(0.7%)、デイトレード+27,000円(+0.2%)になりました。※投資資産1200万円として計算

※この後、用事のため大引け前(14時過ぎ)の株価で計算しています。

先週に引き続き大きな動きがない相場で、中小型株中心の私のポートフォリオも基本的には小さい動き。ただ、木曜日にゲームアプリをリリースしたイマジニア(4644)が金曜日はGUスタート。残念ながら木曜日までの緩やかな上昇でほぼ売却していたんですが、最期の200株を金曜日の寄り付きに売却。

3年以上持ち続けたイマジニアを全売却出来ました。この銘柄はリトルペソというアプリ以来、本当に期待を裏切り続けて株価が下がる毎に買い増しを続けている内に最主力保有株になっていました。

業績はパッとしないものの財務状況が抜群に良かったので損切りは考えていませんでしたが、いつまでも見向きもされないこの銘柄にいつも苛立ちを感じていました。

最終的には利確出来てホッとしていますし、長期保有していたという親しみもありますが、投資家としてはこんな銘柄を数年保有して少額の利益では資金効率が悪すぎて失格です。

悪い意味での教訓として、この銘柄を保有していたことは今後の投資家人生の中でも記憶に残ると思います。※とは言え、また下がれば買い戻しますが

とにかく、今週は過去の自分が犯した投資判断のミスから長期ホルダーになってしまった銘柄を売却できて感慨深い一週間になりました。

【2020年1月第2週の投資成績】落ち着き相場

2020年1月第2週の投資成績

2019年1月第2週の投資成績は、+72,000円(0.6%)、デイトレード+11,000円(+0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算

先週とうって変わって、堅調な一週間になりました。ただ、大型株主導の展開なので例年の一月相場と違い中小型株にとっては、それほど良い相場とは言えません。

そろそろ3月末決算企業の第三四半期決算の発表が意識されつつあるように感じますが、私自身は保有株の総額が500万円を下回っていて去年の半分以下です。なんとか保有株を増やしたいけど、今回は買いやすい相場でもないし諦めようかな。

【2020年1月第1週の投資成績】大荒れ相場

2020年1月第1週の投資成績

2019年1月第1週の投資成績は、+86,000円(0.7%)、デイトレード+13,000円(+0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算

アメリカとイランであわや戦争かという雰囲気の中始まった2020年の大発会は波乱のスタートとなりました。相変わらずトランプ大統領の行動はマーケットにとっては刺激が強過ぎます。

そんなこんなで荒れた一週間となりましたが、ひとまず最悪の事態は避けられたようで、週末には大発会の雰囲気はどこ吹く風。でも、これで問題収束となるには早すぎませんかね。

また新たな火種に懸念の残るスタートとなりましたが、投資家の皆様よろしくお願いします。

コメント