2020年2月の投資成績

2020年2月の投資損益

スポンサーリンク

2020年2月の投資損益

【2020年2月第3週の投資成績】なんとか資産キープ

2020年2月第3週の投資成績

2019年2月第3週の投資成績は、4,000円(+0.0%)、デイトレード+90,000円(+0.8%)になりました。※投資資産1200万円として計算

コロナウイルスの感染が日本各地に広がり、政府の感染対策の稚拙さも加わって感染者数は加速しています。結果として「有事の円買い」とは逆行する形で円安が進行しています。

そんな経済的に大きな打撃を受けかねない状況で難しい相場が続きますが、今週は何とか資産を維持出来ました。保有株ではビケンテクノ(9791)、イマジニア(4644)が引き続き値動きが大きく、高くなれば売却、安くなれば買い戻しというデイトレード・スイングトレードで資産の目減りを防いでいます。

個人的な予想では、来週からはコロナウイルスの感染が加速すると考えているので、今週も積極的には買いに向かわず様子見しています。

本当は早く収束に向かって欲しいものですが、ウイルスの特性や政府の対応を見ている限り難しいんだろうなぁ。

【2020年2月第2週の投資成績】保有株は元気なく

2020年2月第2週の投資成績

2019年2月第2週の投資成績は、-13,000円(-1.0%)、デイトレード+27,000円(+1.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算

コロナウイルス関連の下落がひとまず落ち着いたように思いますが、保有株はイマイチな展開。引き続き直近で大きく上昇したビケンテクノ(9791)とイマジニア(4644)が下落しています。

とは言え、安く買い戻しも出来ているので私の投資法としては資産は減少しても悪い展開ではありません。

気になるのは、日本でもコロナウイルスの感染が拡大している事です。一旦は落ち着いた相場も今後の拡大具合によっては大きく下落するかもしれません。少なくても中国の経済が滞っては日本経済にも大きな打撃になるのは間違いありません。

暖かくなって沈静化するのを待つのみです。

【2020年2月第1週の投資成績】イマジニアを全売却

2020年2月第1週の投資成績

2019年2月第1週の投資成績は、-123,000円(-1.0%)、デイトレード+13,1000円(+1.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算

今週は先月末のビケンテクノ(9791)やイマジニアの急騰の揺り戻しから、資産推移は大きく下落しました。相場と逆行する形なので悔しい気持ちもありますが、高値で利益確定した株も買い戻せた上、ボラの大きさからデイトレードも捗ったので私の投資手法としては充実した一週間でした。

3月末決算企業の第三四半期決算の発表が相次いでいますが、どちらかというと先行きは重くなりそうな雰囲気があります。消費増税やコロナウイルスによる中国人観光客の激減などがどう影響するかは次の決算発表で明らかになるでしょう。

コメント