2020年5月の投資成績

スポンサーリンク

2020年5月の投資損益

2020年5月の投資成績です。

2020年5月の投資成績

2020年5月末の保有株一覧

2020年5月の投資成績は、+578,000円(+4.8%)、短期確定損益+322,000円(+3.7%)になりました。※投資資産1200万円として計算

【2020年5月第5週の投資成績】強すぎ金融相場

2020年5月第5週の投資成績

2020年5月第5週の投資成績は、+418,000円(+3.5%)、短期売買+44,000円(+0.4%)になりました。※投資資産1200万円として計算

日経平均株価2万円でも戻りすぎだと思った日本株ですが、今週は22000円目前まで上昇しました。景気はコロナの影響を受けてまだまだ不透明な状況が続きますが、株式相場は世界各国の金融対策から非常に強い動きになっています。

そんな五月の最終週ですが、株を持っているだけで利益が出る簡単な相場でしっかりと今年の損益をプラスに乗せる事が出来ました。

【2020年5月第4週の投資成績】日経平均2万円維持

2020年5月第4週の投資成績

2020年5月第4週の投資成績は、+122,000円(+1.0%)、短期売買+57,000円(+0.5%)になりました。※投資資産1200万円として計算

そろそろ下に振れるかと思いきや日経平均株価も底堅い動きです。とは言え、21000円を目指すには決定的な材料もなく、ワクチンが完全に開発供給されるまでは大きく上に動くのは難しいんじゃないかなと思います。

保有株では日別で動意づく銘柄もあるので、今の水準では積極的に利確していますが、保有株も減ってきたのでそろそろ買い戻しか新規銘柄の仕込みを始めたいところです。

【2020年5月第3週の投資成績】日経平均2万円の攻防

2020年5月第3週の投資成績

2020年5月第3週の投資成績は、-76,000円(-0.6%)、短期売買+154,000円(+1.3%)になりました。※投資資産1200万円として計算

保有株のビケンテクノ(9791)の決算発表の反応が芳しくなく、資産としては減少しましたが、短期損益は利確が多かったためにしっかりでした。

保有株の決算発表も概ね出揃ってきましたが、今期予想を出す会社はほぼありませんでした。それだけコロナの影響を予想するのは現時点では難しいということでしょう。

つまり、今期の決算でポイントとなるのは今後に企業が予想を出した時。おそらく第一四半期から中間決算発表時期くらいかなと考えています。

保有株は基本的にはPER・PBRの低い割安株です。ですから余程大きな赤字出ない限り今まで通りの細かい売買をしつつ、長期保有を続ける予定でいます。

日本株も2万円前後の攻防になっていますが、そろそろ1000円程度は動くかなという印象があります。来週くらいには、一度大きく相場が動くことにならないかなと少し期待。

【2020年5月第2週の投資成績】連休後はしっかり

2020年5月第2週の投資成績

2020年5月第2週の投資成績は、+335,000円(+2.8%)、短期売買+59,000円(+0.5%)になりました。※投資資産1200万円として計算

5連休明けの日本株は意外に安定した動きになりました。木曜日は新興市場、金曜日は日経平均株価がしっかり上昇し、コロナの収束感が強く出てきています。

私の保有株も5月1日の下落を取り戻し、今年の損益もようやくプラスになりました。

ただ、日経平均株価が2万円台に乗せて、上値が重くなるのは間違いありません。ここからは個別株の決算や今後の見通しを見極めつつ、売買していく必要があると思います。

【2020年5月第1週の投資成績】昨日の上昇を帳消し

2020年5月第1週の投資成績

2020年5月第1週の投資成績は、-221,000円(-1.8%)、短期売買+8,000円(+0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算

4月の最終日に日経平均株価が2万円を回復したのをあっさりと戻して5月相場が始まりました。

まあ何も決まらない決められない日本政府の方針にリスクオンの状態でGWの大型連休は投資家としては迎えづらいのが本音ですね。

海外動向も不安定な中での連休ですから、買い要因もありません。当面は三月末決算企業の決算発表が相場動向のカギになりそうです。

コメント