2020年10月の投資成績

2020年10月の投資成績

スポンサーリンク

2020年10月の投資損益

2020年10月の投資成績です

【2020年10月第3週の投資成績】ジリ安の展開

2020年10月第3週の投資成績

2020年10月第3週の投資成績は、-200,000円(+1.67%)、短期売買+5,000円(+0.04%)になりました。※投資資産1200万円として計算

指数は上値が重く、保有株はジリ安の展開。週間の資産推移としては久しぶりの20万円の目減りになりました。

世界的な金融緩和で投資資金はジャブジャブになっているものの、米大統領選の行方やコロナの再度の感染拡大を考えるとリスクオフの傾きやすい相場なのかもしれません。

とはいえ、大きく下げることになれば再び大規模な追加対策がなされるでしょうから、基本的に金融市場が短期的に大打撃を受けるとも考えにくいというのが一般的な考え方だと思います。

そんな中、私自身も自分の投資を見直していて新たに6銘柄ほど新規で買いました。高配当銘柄で長期的に保有しつつ仕込もうと思っています。

ここ数年はあまり変わり映えしない投資をしていましたが、少し今後のマネー状況に応じた投資に切り替えていくつもりです。

余談ですが、IPOのカラダノートがSBI証券で当選しました。IPOポイント367P使っての当選ですから、これまでに367回落選したことになります。売り出し価格を考えると割にあってるのか?とも思いますが、まあプラスになることは間違いないでしょう。

カラダノートIPO当選

【2020年10月第2週の投資成績】底堅い相場

2020年10月第2週の投資成績

2020年10月第2週の投資成績は、+178,000円(+1.48%)、短期売買+31,000円(+0.26%)になりました。※投資資産1200万円として計算

アメリカの大統領選を控えながらも底堅い一週間となりました。保有株はそれほど勢いはありませんが、大きく下落することもないので全体的には資産を押し上げる形に。

ただ、ボラティリティが出ていないのでデイトレードの機会は少なく暇な一週間でもありました。

マザーズの活況な銘柄を売買すれば、デイトレードでも忙しかったとは思いますが、デイトレードを頑張っていたのは、もう何年も前で今のマザーズ市場で戦うには力不足です。

私の場合はチマチマと保有株など値動きの特徴を抑えた銘柄で売買するのが、今となっては精一杯です。

相場は大統領選が終わるまでは相場に大きなトレンドは発生しないのかもしれませんが、バイデン候補が買った場合には長期的な株のトレンドは下降する可能性が高いと思っています。

現状のまま大統領選が進むのであれば、選挙前後でダウも頭打ちするんじゃないかと予想しつつ大怪我しないようにほどほどなトレードをしていこうと思います。

【2020年10月第1週の投資成績】東証のシステム障害

2020年10月第1週の投資成績

2020年10月第1週の投資成績は、-36,000円(+0.3%)、短期売買+6,000円(+0.0%)になりました。※投資資産1200万円として計算

1日木曜日には東証のシステムの故障で、私の経験上初めての一日臨時休場。ある意味、貴重な経験ができました。

金曜日は後場途中でトランプ大統領のコロナ感染のニュースで日本株は一気に反落。これもまた大きな出来事でした。

ただ、私の保有株にはどちらも大きな影響もなく、たった二日の10月第一週は静かな動き。最近はJT株を使った投資戦略を考えています。

コメント