新しいNISAの仕組みと概要【2024年に現行のNISAはどうなる?】

新しいNISAの仕組みと概要
2024年以降、これまでの一般NISAが新しいNISAに移行します。新しいNISAの仕組みや概要、これまでの一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAはどう変わるのかを解説します。

新しいNISA制度の特徴

新しいNISAの最大の特徴は、2段階の非課税投資枠が設けられていることです。

  • 1階:一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
  • 2階:株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益

分かりやすく説明すると、「最初に安全性が高いと考えられる投資信託への投資をして、さらに投資をするなら株式や他の投資信託にも投資することが出来ます」という話です。

新しいNISAの非課税投資枠

1階部分の非課税投資枠は年間20万円まで、2階部分非課税投資枠は年間102万円までです。

また、原則として、2階部分を利用するためには、1階部分での積立投資を行う必要があります。これは、投資初心者が変動リスクの大きい株や投資信託で資産を損なうことを回避する措置です。

ただし、過去にNISA口座を開設していて投資経験を有する方は、1階部分を利用せずに2階部分のみして株式や1階部分対象外の投資信託を購入することが出来ます。

新しいNISAで買える金融商品

現時点では、1階部分と2階部分で取り扱う金融商品は次のようになっています。

1階部分で買える金融商品は従来のつみたてNISAと同じ投資信託です。投資信託の中でも比較的安全性の高いものを対象としています。

2階部分では株式や1階部分以外の投資信託など運用できる対象が大幅に広がります。こちらは従来の一般NISAに近いラインナップになるでしょう。

新しいNISAの投資可能期間と非課税期間

新しいNISAは、現時点では2024年~2028年の5年間で検討されているようです。また、非課税期間は現行の一般NISAと同じく5年間となります。

つまり2028年の末に株を買ったら、最長で2033年末まで非課税期間になります。

新しいNISA期間が終了したら?

新しいNISAの期間が終了したら、2階部分の株や投資信託は通常の口座へ移行することになるでしょう。

しかし、1階部分の投資信託はつみたてNISAへのロールオーバーが可能です。つまり、5年を経過したあとは、つみたてNISAとして非課税枠が延長されることになります。

新しいNISAが始まったら現行のNISA制度はどうなる?

2024年に新しいNISAが始まったら、現行の一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAはどうなるでしょうか?

一般NISAは終了

あたらしいNISAは一般NISAの代替ですので、現行の一般NISAは終了します。

現行のNISA口座を利用するなら2023年末までに株や投資信託を購入すれば、2028年末まで一般NISAの非課税枠が利用できます。

つみたてNISAは継続

あたらしいNISAが始まっても、つみたてNISAは継続します。元々、一般NISAとつみたてNISAは選択制ですので、今後はあたらしいNISAとつみたてNISAの選択制に変わるだけです。

ジュニアNISAは終了

ジュニアNISAは元々、2023年末で終了することになっています。そして、ジュニアNISAの後継となる制度は今のところありません。

あまり利用する人がいなかったのかもしれません。

あたらしいNISA制度はまだ不確定

現段階ではあたらしいNISAはこのような制度とされていますが、2024年に始まるまでは細かい変更が加えられると思います。

今後、利用者にとって少しでも使いやすい制度になっていけば良いですね。

コメント