【株式投資】配当金の支払い時期と受け取り方法

株式投資による利益は「株価の変動による利ザヤを取るインカムゲイン」「会社の利益の一部を還元する配当金や株主優待などのキャピタルゲイン」に分類されます。

株価の変動により利益や損失が発生する場合には、直接証券口座にも反映されるのでわかりやすいですが、配当金はすぐに手にするわけではなく株式投資を始めて間もない頃には、本当に貰えるかどうか不安になります。

そこで今回は配当金の受け取り時期と受け取り方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

配当金はどうしたら貰える?

日本の企業の多くは3月末決算です。つまり、その企業の1年の業績は4月にスタートして3月にゴールになるということです。

ということで、記事を書くにあたって3月末決算の企業を例に話を進めていきます。6月末決算や12月末決算の会社の株を保有している場合には、期日をずらしてお考え下さい。

3月決算の企業を保有している場合には、3月末時点で株を保有していることを条件に、株主に配当金を支払うことが一般的です。

配当(期末配当)を貰える権利が付く日を「配当権利付き最終日」と呼びこの日の大引けに株を保有していることが配当金を受け取れます。

配当金を受け取るにはは3月末(3月31日)時点に株を保有している必要がありますが、株の約定日と受渡日によるタイムラグがあり、この「配当権利付き最終日」の大引けが実際の株を保有しなければいけない日にちになりますので注意が必要です。

配当金を受け取るためいつ株を保有するのかはこちら
【株式投資】「権利確定日」と「権利付き最終日」を詳しく解説【配当・優待】

配当金はいつ貰える?

では、その配当金を受け取る権利がある株主は実際にいつ貰えるかということですが、これは企業によって少し変わってきます。

また、企業のIR情報や四季報などに記載されている配当金の額はあくまで予定金額です。配当金は利益や剰余金の一部を株主に還元するものですから、業績の結果や財務状況次第では変更される場合も少なくありません。

業績が会社の予想よりも悪かった場合には、配当金の減額や無配当もありえますし、業績が予想よりも良かった場合や利益剰余金が多い企業の場合には配当金を増額することもあります。

そして、配当金の金額は最終的は決算発表時に企業が発表します。その後、定時株主総会でその内容について承認を受けてから実施されることになります。

3月末決算企業の配当金の支払いまでの流れ

  1. 決算日に株を保有する(3月末)
  2. 企業より本決算発表にて配当金の額が決定(4月末~5月頃)
  3. 定時株主総会にて配当金の承認(5月~6月頃)
  4. 配当金の支払い(5月~6月頃)

ということで、定時株主総会が終わってから1、2週間程度で実際に配当金が支払われることになります。3月末決算の企業なら決算日から2ヵ月前後の5月~6月頃になるのが一般的ですね。

配当金の受け取り方法

配当金の支払日が来ると、株主は配当金を受け取ることが出来ます。この時、配当金は次の4種類の方法で受け取ることができます。

配当金の受け取り方
株式数比例配分方式 保管振替機構(ほふり)の株主情報を利用して証券口座で受領する方法
登録配当金受領口座方式 すべての配当金を一つの金融機関の口座で受領する方法
配当金受領証方式 配当金領収証等との引換えによる郵便局等の窓口で受領する方法
個別銘柄指定方式 銘柄ごとに口座振込指定をし、指定した金融機関で受領する方法。

現在、私は株式数比例配分方式を利用しています。自動的に配当金の支払い日に証券口座に配当金が振り込まれているので楽だからです。

以前は配当金受領証方式で郵便局で換金していましたが、その方式では配当金を受け取った実感が大きく、投資をしている醍醐味を感じられる嬉しい受け取り方でした。

どの方法でも、受け取る配当金は変わりませんが、個人的にはそのどちらかの方式が良いのではないかと思います。

コメント