2019年12月の投資成績

2019年12月の投資成績

2019年12月の株式投資による週間成績と月間成績を更新しています。

先月の投資成績はこちらから

2019年11月の投資成績
2019年11月の株式投資の成績を掲載しています。投資損益や保有株の動向、売買の内容など。
スポンサーリンク

2019年12月の投資損益

2019年12月の日別投資成績

2019年12月末のポートフォリオ

2019年12月の投資成績は、+388,000円(3.2%)、年間利益+3,492,000円(+29.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算

先月がしっかり上昇した分、今月は苦しい展開になるかと思いましたが、保有株はじり高の展開でした。

相場の先行きを考えると、積極的に買える局面とも思えないので、2019年の後半は保有株を減らすように心がけていましたが,現時点で570万円程度になってしまいました。

一時は1500万円程度まで膨らんでおり、平常時でも1200万円を基準に投資をしていた私にとっては、相当ポジションが少なくなりました。

いつか来るであろう下落相場に備えるのは、正直言えば効率的ではありません。ただ、いつ来るかビクビクしながら投資をするのもビビりな私にとっては悪影響ですので、これくらいのポジションでその日を待つというのが自分には合っていると思います。

今年も色々ありましたが、個人投資家の皆様お疲れ様でした。

【2019年12月第5週の投資成績】大納会

2019年12月第5週の投資成績

2019年12月第5週の投資成績は、+7,000円(0.1%)、デイトレード+2,000円(+0.0%)になりました。※投資資産1200万円として計算

第5週といっても大納会だけでした。静かな一日になるかと思いましたが、日経平均株価は181円安と、年末の割には下に動いた印象です。今年の内にポジションを軽くしたい投資家が多かったのかもしれません。

【2019年12月第4週の投資成績】閑散

2019年12月第4週の投資成績

2019年12月第4週の投資成績は、+143,000円(1.2%)、デイトレード+25,000円(+0.2%)になりました。※投資資産1200万円として計算

海外ではクリスマス休暇も本格化して、まさに閑散相場でしたね。もちろん相場も大きく動くことはなく、個別材料でチラホラ動いているような印象です。毎年、年初からは中小型株が活況になる印象ですので、それも含んだ値動きになっていると思います。

保有株でも、イマジニア、ビケンテクノ、もう売却したウィザス辺りは活況に売買されている印象です。ただ、どうしても気になるのが景気の実体と株価の乖離。海外は別としても、日本の景気は来年には間違いなく悪くなると個人的には考えています。

ですから、次に起きる下落相場までにポジションは軽くして、不人気高配当銘柄を仕込む準備をしておきたいところです。その時期がいつになるのかを予想するのは難しいですが、来年はあまり利益が出なくても仕方ないかなと思っています。

まあ、来年のことは来年の相場が始まってから考えるとして、2019年もあとは大納会を残すのみ。最後まで相場を観察しつつ今年を終えたいと思います。

【2019年12月第3週の投資成績】年末相場

2019年12月第3週の投資成績

2019年12月第3週の投資成績は、+81,000円(0.7%)、デイトレード+14,000円(+0.1%)になりました。※投資資産1200万円として計算

今週は年内の大きなイベントはほぼ終了し、落ち着いた一週間になりました。一応の米中貿易協議の流れからリスクオフの動きも一服し、売りが少ない相場が年末まで続くと予想されます。

そんな中、保有株も大きく下落するようなものはなく、ウィザス(9696)の大幅上昇を筆頭にやや底堅い展開になりました。ウィザスは今週で全保有株を売却していますが、他にもビケンテクノ(9791)やイマジニア(4644)など個人的には上昇余地の高いと判断している銘柄の挙動が気になっています。

今年の相場も残すところ一週間と一日ですが、最期までストレスの少ない相場が続くんじゃないでしょうか。

【2019年12月第2週の投資成績】重要イベント様子見から安心感

2019年12月第2週の投資成績

2019年12月第2週の投資成績は、+39,000円(0.3%)、デイトレード+22,000円(+0.2%)になりました。※投資資産1200万円として計算

今週はFOMCや米中貿易、ブレグジットにおけるイベント盛りだくさん。そんな中、週中盤までは様子見ムードも、イベント通過やトランプ大統領のツイートなどで、金曜日の相場は大きく上昇しました。

保有株に関してはイマジニアを中心に頑張っていましたが、今週はやや失速気味。大きな指数(日経平均株価)が上昇する時は、新興市場や小型株は静かです。

今年もあと少しですが、皆さんの相場成績はいかがでしょうか?大きく荒れて始まった一年でしたが、終わり良ければ・・という展開に個人投資家はなっているんでしょうか。

【2019年12月第1週の投資成績】中小型株に循環物色

2019年12月第1週の投資成績

2019年12月第1週の投資成績は、+118,000円(1.0%)、デイトレード+25,000円(+0.2%)になりました。※投資資産1200万円として計算

日経平均株価は23000円台で高止まり、もしくは調整気味。年末商戦も始まり、来年の相場も見据える動きがより強くなってきました。

そんな中、保有株は今週もしっかり。今週は配当の振り込みもあったので資産の増加の半分以上はそのおかげですが、それでも保有株は下落することなくジワりと上昇しています。

もう今年の最大保有株から半分くらいは売却しているので、下落の波がもう一度あっても困らないようにはしているものの、まだ上げるならそれでも恩恵があるポジションです。

直近の注目する保有株はイマジニア。木曜日は大きく値を下げたものの、色々と面白いビジネスが展開されそうなので割安性と注目度から考えると、もう少し引っ張りたい。

米中貿易問題も来週くらいには大きな動きがあるかもしれないので、無理のないポジションで引き続き年末らしい取引をしたいと思います。

コメント