2019年9月の投資損益

2019年9月の投資成績

2019年9月の株式投資による週間成績と月間成績を更新しています。

先月の投資成績はこちらから

2019年8月の投資成績
2019年8月の私の株式投資の成績です。毎週月曜日から金曜日までの損益や月間損益、保有株などを更新しています。
スポンサーリンク

2019年9月の投資損益

【2019年第2週の投資成績】続伸相場

2019年第2週の投資成績

2019年第週の投資成績は、+365,000円(+3.0%)、今月+554,000円(+4.6%)になりました。

先週に続き続伸を続ける日経平均株価。対して新興市場であるマザーズ指数は鈍い反応。

バリュー株とグロース株、大型株と中小型株の差が出る一週間となりました。

保有株は新興中小型株が多いので、日経平均株価と相対評価すれば難しい展開になりましたが、幸いにもイマジニア(4644)がしっかり上昇したために、置いてけぼりという展開は免れました。

10営業日ほど強い相場が続いていますが、上昇一辺倒の相場とは言いにくい最近は、上昇相場のあとはしっかりと下落相場があるのが普通になってきました。

祝日明けの火曜日からは、違った相場が始まるかもしれません。

どちらに動くにしても自分の資産とポートフォリオを調整していれば、予想通りに動かないとしても、大きな痛手にはならず少しずつでも資産を増やしていくことが出来ると思います。

【2019年第1週の投資成績】相場好転

2019年第一週の投資損益

大混乱の8月相場が終わって、9月も厳しい相場が続くのかと思いきや、米中貿易問題の落ち着きや中国国内の混乱の一服から、投資家心理が大きく改善して相場は反発。

まだ、完全にそういった懸念が払しょくされたわけではありませんが、とりあえずの下落相場には一段落といった所でしょうか。

保有株ではアプリの先行登録を発表したイマジニアがしっかりで、小型株中心のポートフォリオの割には、指数と連動するような資産推移になりました。

9月はFOMCもあり米国金利政策がどうなるかで相場も大きく変わりそうなので、引き続き投資家にとっては方向感が掴みにくい相場が続きそうですが、それでもコツコツ利益を積み上げるような投資を心掛けたいと思います。

コメント