制限値幅とは【ストップ高とストップ安】

制限値幅とは

株式投資では株価が異常な変動を起こさないように、1日の株価の変動幅にいくつかの制限を設けています。

その制限の一つ「制限値幅」について解説します。

スポンサーリンク

制限値幅(ストップ高、ストップ安)とは?

証券取引所では、株価の極端な急騰や暴落を防ぐため、1日の株価の変動幅を前日の終値を基準価格として上下一定範囲で制限しています。この範囲を値幅制限といいます。

この制限の上限を「ストップ高」、下限を「ストップ安」と言いますが、聞き覚えがある単語ではないでしょうか。

例えば、株価1100円の銘柄の場合には、1日に変動できる範囲は800~1400円のレンジ(範囲)の間と決められています。

制限値幅のイメージ

制限値幅のレンジ

この制限値幅のレンジは基準価格をもとに以下のように定められています。

基準価格別の1日の制限値幅
基準価格(○○以上~△△未満) 制限値幅
1円~100円 30円
100円~200円 50円
200円~500円 80円
500円~700円 100円
700円~1,000円 150円
1,000円~1,500円 300円
1,500円~2,000円 400円
2,000円~3,000円 500円
3,000円~5,000円 700円
5,000円~7,000円 1,000円
7,000円~10,000円 1,500円
10,000円~15,000円 3,000円
15,000円~20,000円 4,000円
20,000円~30,000円 5,000円
30,000円~50,000円 7,000円
50,000円~70,000円 10,000円
70,000円~100,000円 15,000円
100,000円~150,000円 30,000円
150,000円~200,000円 40,000円
200,000円~300,000円 50,000円
300,000円~500,000円 70,000円
500,000円~700,000円 100,000円
700,000円~1,000,000円 150,000円
1,000,000円~1,500,000円 300,000円
1,500,000円~2,000,000円 400,000円
2,000,000円~3,000,000円 500,000円
3,000,000円~5,000,000円 700,000円

この表で見る限りは、1日に動く株価は大体10%台~20%台に収まることがわかります。

ただし、低位株では、株価の値幅制限が50%を超える場合もあります。仕手株などで低位株が物色されるという現象は、こういった値幅制限のレンジの広さが関係していると言えます。

ただ、この値幅制限は状況によって、拡大することがあります。

値幅制限の特別措置

以下のような場合には、臨時に制限値幅を変更することがあります。

例えば、3営業日連続で
(1) ストップ高(安)となり、かつ、ストップ配分も行われず売買高が0株
(2) 売買高が0株のまま午後立会終了を迎え、午後立会終了時に限りストップ高(安)で売買が成立し、かつ、ストップ高(安)に買(売)呼値の残数あり
のいずれかに該当した場合、その翌営業日から制限値幅を拡大することとしております。

引用元:内国株の売買制度|日本証券所取引グループ

と記載されていますが、要は「3日連続ストップ高(安)張り付き」だった場合には、値幅制限が2倍に拡大されます。

※ただし、拡大されるのは、ストップ高が3日連続なら上限値幅が2倍、ストップ安が3日連続なら下限値幅が2倍になるということで、上限下限の片方だけが2倍に拡大します。

保有株がストップ高(安)で大引けを迎えた場合

もし保有株がストップ高やストップ安をした時はどうすればいいでしょうか?

ストップ高(安)で大引けを迎えるということは、最終的に買いと売りの注文が釣り合わない状態だと言えます。

もしストップ高やストップ安で張り付いた場合には、ストップ高(安)比例配分という方式で、売買注文を約定させることになります。

【ストップ高(安)比例配分】大引けにストップ高した状態であれば、売り注文を買い注文に振り分けて約定させる方式(ストップ安の場合は逆)

そのため、保有株がストップ高して売りたい場合は、売り注文を出しておけば約定します。

逆に保有株がストップ安になった場合に、株を売りたい場合には成行注文を出していれば、買い注文を抽選で振り分けるので約定する可能性があります。※ストップ安で指値注文よりも成行注文の方が優先度が高い

ストップ高で大引けを迎えた時は翌日の寄り付きも上昇しやすい

私の経験上では、ストップ高で大引けを迎えた保有株は翌日も株価が上昇しやすい蛍光があると思います。

それには大引け時の買い注文と売り注文の数量も関係するので、確実にそうなるとは言えませんが、私の場合はストップ高で大引けを迎えた時に極端に買い注文が多い時には、その時に売らないで翌日まで様子見しています。

ストップ高・ストップ安銘柄の探し方

ちなみに、ザラ場中にこのストップ高とストップ安銘柄を探す方法があります。

例えば、私の場合には SBI証券 で株の売買をしていますが、取引ツール「HYPER SBI」の機能で「マーケット情報→ランキング→ストップ高(安)」を選択すれば、リアルタイムにストップ高(安)している銘柄を探すことが出来ます。

値動きの大きい株や材料株を探すには効率的な方法ですね。

コメント