RSI(相対力指数)の基本と使い方

RSI(相対力指数)の基本と使い方

RSIは最もよく利用されているテクニカル分析の一つで、「Relative Strength Index」の略称で、日本語では「相対力指数」と言います。

今回はそのRSIについての基本と使い方を詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

RSI(相対力指数)とは

RSIは日本語名の「相対力」が示すように、株価が「買われすぎ」か「売られすぎ」かを判断するためのオシレーター系のテクニカル指標です。

オシレーター系とは
「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を計測し、その反転を予測して逆張りをするためのサインとして用いるテクニカル分析

RSI(相対力指数)の求め方

RSIの具体的な求め方は、以下の数値を使います。

  • 過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計
  • 同期間の上げ幅と下げ幅の合計

そして、RSIの計算式は以下のようになります。

RSI(%)=(上げ幅の合計)÷(上げ幅の合計+下げ幅の合計)×100

この数式だけでは、RSIがさっぱりわからない人もいると思うので、具体的に説明します。

RSIの計算例

具体的な例として、10日間のRSI(相対力指数)を計算してみましょう。例えば、その期間の株価の推移と変動がこのようになっていたとします。

株価 株価の変動幅
前日(基準日) 100円
1日目 105円 +5円
2日目 109円 +4円
3日目 113円 +4円
4日目 108円 -5円
5日目 112円 +4円
6日目 121円 +9円
7日目 117円 -4円
8日目 114円 -3円
9日目 118円 +4円
10日目 121円 +3円

この表では、100円の株価を基準にした1日目から10日目までの株価の変動がわかります。

この中で、まずは株価が上昇した日と下落した日の合計を出します。

上昇した日の合計
+5円(1日目)+4円(2日目)+4円(3日目)+4円(5日目)+9円(6日目)+4円(9日目)+3円(10日目)=+33円
下落した日の合計
-5円(4日目)-4円(7日目)-3円(8日目)=-12円=12円(下げ幅)

これを先ほどのRSIの計算式に当てはめてみましょう。

RSI=33円÷(33円+12円)×100

=33円÷(33円+12円)×100=73.33…≒73%

つまり、この10日間のRSI(相対力指数)は約73%ということになります。

RSIの数字の意味

RSIの数値0から100%の間で推移しますが、RSIが低いほど売られすぎ、高いほど買われすぎとして捉えられます。

その理由は、計算式でもわかるように

RSIは分母(上げ幅+下げ幅)に比べて、分子(上げ幅)の割合が大きいほど、数字が大きくなる

ということが関係しています。

分母にくらべて、分子の割合が大きいということは、「株価が上昇した幅の合計の方が、下落した幅の合計に比べて多い」ということになりますから、株が積極的に買われているということになります。

極端に言えば、

  • RSIが100%ならその期間の株価の終値はずっと前日より高く
  • RSIが0ならその期間の株価はずっと前日より低い

ということになります。

RSI(相対力指数)を利用したテクニカル分析の方法

では、このRSIはどのようにして、テクニカル分析として株価の予測に利用されるのでしょうか。

RSI(相対力指数)は「逆張りとしてのテクニカル分析」です。そのため、RSIの数値によって、相場の転換点を予測することが可能になります。

RSIの買われ過ぎ、売られ過ぎの目安

RSI(相対力指数)は、一般的に以下のような目安で判断されます。

  • 70%~80%を超えると買われ過ぎ
  • 20%~30%を割り込むと売られ過ぎ

RSIをチャートで表すとこのようになります。

株価チャートとRSI

上の日足チャートに対して、下は期間14日のRSIです。

この図では、RSIが70%を超えている期間と、RSIが30%を下回っている期間があり、結果的にはその後に株価が転換しているのがわかります。

RSIを設定する期間

上のチャートでは、RSIの期間を14日で設定しています。設定する期間は、それの分析に用いるチャートの期間によって変わりますが、一般的には次のような期間が用いられます。

  • 日足:9日 14日 22日 30日
  • 週足:9週 13週

どの期間のRSIを利用するかは、その株価チャートとの相性もありますので、過去のRSIの傾向から、どの期間のRSIが連動しているかを知る事が重要です。

ただ、一般的にはデフォルトは14日になっていることが多いと思います。

RSI(相対力指数)が有効な活用方法のヒント

RSIは逆張りによる投資判断をするのに、有効なテクニカル分析です。

そのため、トレンドの転換点を見極める時には、信頼性の高いテクニカル分析と言えます。

ただし、長期的に安定した上昇トレンドや下落トレンドでは、RSIが高値圏や安値圏で推移し続けることもあるために、ボックス相場の方が信頼性が高いと言えるでしょう。

また、他のテクニカル分析と同様に、いくつかのテクニカル分析を併用して投資判断することが、より正確な分析をするためには必要と言えます。

コメント