ボリンジャーバンドの基本と使い方

ボリンジャーバンドの基本と見方

今回は代表的なテクニカル分析の一つ『ボリンジャーバンド』について見方や使い方を解説します。

ボリンジャーバンドを使う事で、順張り、逆張りによる買い時、売り時の投資判断をすることが出来ます。

スポンサーリンク

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドは、株価データから相場のボラティリティ(振れ幅)を計算し、株価の変動範囲を統計学的に表したものです。

計算に用いられる株価データは終値

株価チャートと移動平均線の上下にバンド(帯状)のラインを引き、そのバンドの中に株価(終値)が収まる確率を視覚的に判断することが出来ます。

ボリンジャーバンド2

※わかりやすく言えば、中学校や高校で見かけた偏差値のようなものです。偏差値50が真ん中で、上に60、70、下に40、30とラインを引いて、点数の分布を見るのと同じです。

ちなみに開発者である米国人投資家のジョン・ボリンジャーの名前がこのテクニカル分析手法の由来となっています。

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの中心は移動平均線です。移動平均線とは、一定の期間内での株価の平均値をグラフ化したものです。

移動平均線の基本と使い方
今回はテクニカル分析を行う時に、もっとも基本となる分析指標の一つ「移動平均線」について基本と見方を解説します。 この記事からわかる事 移動平均線の意味と基本を理解できる テクニカル分析の基礎がわかる 移動...

この移動平均線をもとに、その上下にラインを引き、そのラインの枠内にどれくらいの確率で株価(終値)が収まるかを予測します。

基本的に、ボリンジャーバンドでは3つのバンド(帯)で構成されます。

±1σ:全データの68.27%が収まる

ボリンジャーバンド1

±2σ:全データの94.45%が収まる

ボリンジャーバンド2

±3σ:全データの99.73%が収まる

ボリンジャーバンド3

このように、それぞれのバンド(σ:シグマ)の内側に収まる確率が一定になるように、ボリンジャーバンドでは計算されています。

株価の推移は±2σのバンドの中に95%程度で株価(終値)が収束するということですね。

計算式を覚える必要はない?

ボリンジャーバンドの計算式は標準偏差を用いますが、やや複雑で数学が苦手な人には理解するのが大変だと思います。

株価の予測する上で必要なことは、特徴を理解する事ですので、個人的には計算式の詳細までは覚えるメリットは感じません。

σ(シグマ)の求め方が以下のようになっているとだけ知っていれば十分だと思います。

  • ±1σ=n日の移動平均 ± n日の標準偏差
  • ±2σ=n日の移動平均 ± n日の標準偏差×2
  • ±3σ=n日の移動平均 ± n日の標準偏差×3

バンドの特徴とボラティリティ(振れ幅)

ボリンジャーバンドの使い方を解説する前に、特徴としてボラティリティによるバンドの状態について説明します。

ボラティリティが小さいとバンドの幅が狭くなる【スクイーズ】

もみ合い(レンジ相場)が続くとバンド幅は狭くなります。ボラティリティが低下してバンドの幅が縮小することをを『スクイーズ』と呼びます。

ボラティリティが大きいとバンド幅が広がる【バンドエクステンション】

株価(終値)でバンドをブレイクすると強いトレンドが発生したシグナルとなり、バンド幅が広がります。

ボラティリティが上昇するというとは、それだけ広い範囲で株価が変動する確率が高くなるからです。バンドの幅が拡大することを『バンドエクステンション』と呼びます。

継続的にボラティリティが安定する【バンドウォーク】

バンドをブレイクした後に、ブレイクしたバンドに沿って、しばらくトレンドが継続すると、バンドの幅は安定します。この状態をバンドウォークと呼びます。

ボリンジャーバンドのテクニカル分析方法

ボリンジャーバンドを使ったテクニカル分析には順張りと逆張りの2つで有効です。

逆張りによる売買判断

逆張りでボリンジャーバンドを利用する時には、バンドブレイク(±2σや±3σ)するポイントが重要です。

2σのバンドをブレイクするという事は、94.45%で収まるはずの値(終値)を超えたと判断できるため、やがてはそのバンド内に株価が収束すると考えられるからです。

逆張りのテクニカル指標として、ボリンジャーバンドを使う際は、こういったブレイクポイントが売買のタイミングになります。

ボリンジャーバンド買いシグナル

逆張りの注意点

逆張りの注意点としては、バンドブレイクした際にはバンドの幅も拡大していることで、さらに株価(終値)の振幅が上がる可能性が高いという事です。

例えば、一度-2σのバンドをブレイクしたからといって買った場合に、バンド幅が広がったために、買値よりも安い位置に-2σのバンドが広がることは良くあります。

その場合には、さらなる株価の下落もあるので、あまりに大きくバンドをブレイクした際には、逆張りはリスクになる恐れがあります。

買いなら上昇トレンド、売りなら下落トレンド

そのため、逆張りとしてボリンジャーバンドを使うのであれば、買いなら上昇トレンドで、売りなら下落トレンドで用いることをオススメします。

上の図でもわかるように、上昇トレンドでの売りシグナルはそれほど効果的とは言えないのが分かると思います。

順張りによる売買判断

順張りの場合には、先ほど解説したバンドの拡大の次に起こる、『バンドウォーク』が効果的です。

安定したバンド幅になっているボリンジャーバンドのラインに沿って株価が移動している時には、短期的にトレンドが発生していると言えます。

バンドウォーク

例えば、+2σをブレイクした後に、そのバンドが上向きで、株価がそれに沿って推移すれば順張りのタイミングとなります。

バンドウォーク状態にあって、株価チャートがバンドから乖離しないのであれば、順張りのポイントとして判断できるでしょう。

コメント