テクニカル分析とは?【相場を予測する方法】

テクニカル分析とは?

株式投資で株価の上昇と下落を予想するためには大きく二つの方法があります。1つは会社の業績や収益性、財務状況などから判断する「ファンダメンタルズ分析」です。

そしてもう1つは株価の変動から将来の株価の予測をする「テクニカル分析」です。今回は、投資する銘柄の株価の上昇と下落を判断する道標「テクニカル分析」について解説します。

スポンサーリンク

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去の株価チャートや出来高、売買などから、将来の株価の動きを予測する分析手法のことです。 株式投資においては先を見通す力が利益に繋がりますので、投資を行う上で必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。

テクニカル分析は大きく分けると「トレンド系」「オシレーター系」の2つに分類されます。

トレンド系テクニカル分析

株価の値動きは長期、短期に関わらず「上昇」「下落」「横ばい」の3通りで構成され、波のように動きます。トレンド系は、この波がどのような方向に進んでいるか(トレンド)を示します。代表的なものに次の4つがあります。

移動平均線

特定の期間の株価の終値を平均してグラフにしたものです。テクニカル分析の最も基本となる指標で短期・中期・長期の移動平均線を複合して、トレンドを測ることが一般的です。

一目均衡表

「株価は買いと売りの均衡が破れた方に動く」という考えを基本にして、時間を重視したトレンドの予測をするための指標です。

「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅効スパン」の5つの線を複合してトレンドを予測します。

ボリンジャーバンド

移動平均線の上下に標準偏差のラインを引いて、そのライン内で株価が動く確率を定めた指標です。

標準偏差の上下のラインをボリンジャーバンドと呼び、±1σ・±2σ・±3σのバンドを用いて特定の確率で、それぞれのバンド内に収まる確率を統計学的に導いています。

パラボリック

株価チャートの上あるいは下に指示線を用いて、売買の転換するポイントを見極める指標です。

株価の上昇や下落のトレンドは次第に勢いが弱くなっていき、最終的には「転換点を迎えるという考え方に基づいて作られています。

オシレーター系テクニカル分析

オシレーター系は、現在の株価が買われ過ぎか、売られ過ぎかを判断するための分析手法です。 代表的なものに次の4つがあります。

RSI(相対力指数)

一定期間の相場における「値上がり幅」と「値下がり幅」から、値動きの強弱を数値で表し、買われすぎか売られすぎかを判断する指標です。

中心の50%のラインを挟んで、大体70%を超えると買われ過ぎ、30%を割れると売られ過ぎの水準にあると判断されます。

RCI(順位相関指数)

一定期間の終値を高い順に並べた際の順位と、現在の日付から近い順に並べた際の順位から、買われすぎか売られすぎかを分析する指標です。

「日数」と「株価」のそれぞれに順位をつけ、両者にある相関関係から、株価の先行きを予測します。

ストキャスティスク

直近の終値が、一定期間の株価のレンジの中での高値と安値に対して、相対的にどのレベルに位置するかを基準に買われすぎか売られすぎかを判断する指標です。

ストキャスティクスは「ファースト」と「スロー」の2本の線を用いて売買シグナルを判断します。

MACD

短期の移動平均線と長期の移動平均線の乖離度合いから、株の買われすぎや売られすぎを判断する指標です。

MACDと呼ばれる基本となる線と、MACDの移動平均線であるシグナルと呼ばれる2本の線のから株価の動きを判断します。

テクニカル分析は長期投資より短期投資向き

上記のは、テクニカル分析のほんの一例です。管理人はテクニカル分析はどちらかと言うと、あまり利用しませんので、常時チェックしているのは保有株や日経平均株価など指数の移動平均線くらいでしょうか。

テクニカル分析を重視する投資の強みとしては、銘柄に固執することなく、良い意味で機械的に投資を行えるという事です。デイトレードや短期投資のように、早い回転で資金を動かしたい場合や、銘柄の買い場や売り場を確認したい場合に大変有効だと思います。

どの指標を使うかは、銘柄や投資スタイルによっても相性がありますので自分の投資スタイルに適していると思える指標を優先的に使うことをオススメします。

また、複数のテクニカル分析から総合的にチャートの動きを分析すると、より精度の高い投資判断が出来ますので、2,3種類のテクニカル指標から総合的に投資分析するとより効果的になるでしょう。