信用取引

株式投資の基礎知識

逆日歩(品貸料)とは【調べ方と計算方法を解説します】

制度信用取引で貸借倍率が低くなってくると発生する逆日歩について、発生条件や特徴、調べ方、計算方法について詳しく解説しています。逆日歩を勉強することで制度信用取引の空売りをした時に予期せぬ損失が出る可能性を回避することができます。
2019.07.01
株式投資の基礎知識

信用取引の仕組みや特徴・注意点を解説します

株式投資で投資資産の3倍の取引が可能になる信用取引について、仕組みや特徴・注意点について解説します。信用取引の種類によっても、利用する証券会社によっても信用取引の特徴は大きく変わります。投資初心者が利用するには、どういう点に注意して信用取引を利用すれば良いかをまとめています。
株式投資の基礎知識

制度信用取引と一般信用取引の違い

投資資金を担保に投資資金の約3倍の売買が出来る上に、売りからも売買が可能な信用取引ですが、一言に「信用取引」といっても大きく分けると2種類の信用取引の制度があります。 信用取引をする人は知っておいた方が良い…続きを読む
株式投資の基礎知識

信用倍率と貸借倍率の違い

信用取引をしていると、信用倍率や貸借倍率といった用語が出てきます。この信用倍率と貸借倍率は似たような用語ですがどんな違いがあるのでしょうか。 信用倍率と貸借倍率 信用倍率、貸借倍率は両方とも、信用取引の「信用…続きを読む
リスク管理

株の空売りをするなら絶対に知っておくべき知識

下落相場基調が強くなると、安く買って高く売るという普通の投資では、なかなか利益が上がりません。確率的に買った時よりも安くなる可能性の方が高いため、当然といえば当然です。 では、逆に「売ってから買い戻す」こと…続きを読む
スポンサーリンク