風説の流布とは?【株価予想との違いを投資家視点で解説します】

風説の流布とは

金融商品取引法では、「株価操縦的行為」や「風説の流布」など不公正取引に該当する売買を禁止するための罰則を設けています。

今回はその「風説の流布」について詳しく解説します。

※私自身は法律家ではありませんので、個人投資家としての考え方や私の調べをもとに解説しています。

スポンサーリンク

風説の流布とは?

特定の株式の株価を上げる、または下げる目的で、合理的な根拠に基づかない噂や虚偽の情報をインターネットの掲示板などを利用して発信することを「風説の流布」と言います。

金融商品取引法では、第158条で以下のように定められています。

(風説の流布、偽計、暴行又は脅迫の禁止)何人も、有価証券の募集、売出し若しくは売買その他の取引若しくはデリバティブ取引等のため、又は有価証券等(有価証券若しくはオプション又はデリバティブ取引に係る金融商品(有価証券を除く。)若しくは金融指標をいう。第百六十八条第一項、第百七十三条第一項及び第百九十七条第二項において同じ。)の相場の変動を図る目的をもつて、風説を流布し、偽計を用い、又は暴行若しくは脅迫をしてはならない。(相場操縦行為等の禁止)

このように金融商品取引法では、株価の変動を目的として、風説の流布をすることを禁止しているという事ですね。

ただし、「相場の変動を図る目的をもつて」とありますが、自らが取引を行うかどうかは関係ありません。結果的に相場を変動させるような風説の流布であれば、それ自体がアウトとなる可能性が高いと解釈できると思います。

風説の流布は、自らが証券投資を行わなくても該当する可能性があります。

風説の流布にならないために注意するポイント

風説の流布にならないためには、第三者が見聞きできる場所での、個別株や売買に関する発言には十分気をつける必要があります。

一般的な個人投資家が風説の流布に該当するような発言が多いのは以下のような場所(環境)です。

  • インターネットの掲示板への書き込み
  • ツイッターなどSNSを使った情報発信

掲示板やツイッターなどに、一人で部屋で書き込みやつぶやきをしたとしても、その先には不特定多数の人がいることを忘れてはいけません。

「自分の保有株の株価を上げたい」「安く買うために株価を下げたい」などと言った理由から、安易に掲示板やツイッターを利用して、虚偽の情報を発信すれば風説の流布として罰せられる可能性があります。

風説の流布と株価予想との違い

では、「風説の流布」と「株価予想」との違いは何でしょうか?

具体的な判断材料をもとに株価の予想を書き込むことや希望的予測を書くこと自体は、風説の流布には当たりません。

例えば、インターネットの掲示板などで「PER(株価収益率)から判断すれば、株価は上昇しそう」や「○○の売上が伸びているから来週の決算発表は期待できるし株価は上がりそう」などという情報や希望的予測を書き込むことは、「根拠のある情報から株価を予想している」と捉えることが出来ます。

では、次の場合はどうでしょうか?

「○○(会社名)と△△が合併するらしいから、○○の株価は上昇するだろう」

というのは、ただの株価予想でしょうか、それとも風説の流布に該当するでしょうか?

この場合、「合併する」という情報が虚偽であるかどうかがポイントです。これが事実無根であれば、例え第三者から聞いた情報であったとしても、風説の流布に当たる可能性があります。

また、仮にこの情報が真実だったとしても公表されていない情報を書き込むという行為は、インサイダー取引に当たる可能性があります。

風説の流布で捕まる事例も

私が調べた限りでは、実際に株の発注によって株価操縦をするケース(見せ玉や馴れ合い売買など)に比べると、風説の流布のみで捕まるという事例は多くはないようです。※ただし、私は法律の専門家ではないので調べられていないだけかもしれません

ただ、過去に風説の流布と株価操縦的行為などを併せて、悪質性が高いと判断されて捕まる事例はいくつかありました。

風説の流布のみで捕まる事例が仮に少なかったとしても、SNSの影響力が拡大し、個人の発言力が強くなる昨今の情報社会では、ほんの軽はずみな発言が大きな事件や問題に発展するケースも少なくありません。

株に関する発言も同様に、個人で軽はずみな言動だったとしても、風説の流布として罰せられる可能性は十分にあります。

そうならないためにも、株式投資に関する情報の発信には十分に気をつけることが大切です。

風説の流布をしないためのポイント

自らの発言が風説の流布に問われることがないように、掲示板やSNSで発信する時にはどういう事に注意すればいいでしょうか。私自身がツイッターやブログに書きこむ時には以下の事に気をつけています。

  • 不確実な内容を書き込む時には推定する根拠を加える
  • 株価の予測は断定的な言い方をしない(仮定的な表現をする)
  • 特定の銘柄の買いや売りを煽るような発言をしない(繰り返さない)

私自身はツイッターやこのブログで投資成績や保有株などについて、発言することがありますので、具体的に個別銘柄について触れる機会も多いと思います。

ですから、そういう個別株の発言をする時には、それが風説の流布にならないかは常に注意しています。

感情を整理してから発信しよう

保有株の株価が急落した時などは、損失を拡大したくない焦りから、ついつい過剰な書き込みをしたくなる気持ちもわかりますが、それをしたからと言って株価が上がる可能性はないでしょう。

逆に感情のままに発言することで、他社を誹謗中傷したり、根拠に基づかない内容で罪に問われる可能性もあります。

掲示板やツイッターなどに書き込み時は、一度感情を整理してから書き込むことをオススメします。

コメント