逆指値注文とは【使用例と使い方を解説します】

逆指値注文とは【使用例と使い方を解説します】

株を注文する方法で、高度な注文方法である「逆指値注文」について解説します。

前回は「指値注文」と「成行注文」の特徴と使い分けについて解説しましたが、逆指値注文は注文が発注されるまでに条件を付けることができる注文方法です。

逆指値注文を使うことで、相場の動きに応じて注文するかどうかを決めることが可能になります。では詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

逆指値注文とは?

逆指値注文とは「注文する銘柄の株価があらかじめ指定した価格以上、または以下に到達した場合に、指定した値段で発注する」注文方法です。

例えば、ある株が現在1000円だったとして、「1050円になれば買い注文を発注する」という条件付きの注文です。

  • 買い注文:株価が○○円以上になったら買い注文を出す
  • 売り注文:株価が△△円以下になったら売り注文を出す

逆指値注文と指値注文・成行注文との違いは?

指値注文と成行注文との大きな違いは、逆指値注文は「条件が満たさせるまで、注文が発注されない」ということです。

具体的には、買いの場合は現在値よりも高い値段、売りの場合は現在値よりも安い値段になることが逆指値注文の発注条件です。

株を買うのなら安い値段で買いたいのが普通ですよね。なぜ、現在値よりも高い値段で買ったり、安い値段で売ったりしたい投資家がいるのでしょうか?

逆指値注文を使う状況

効果的な逆指値注文を使うタイミングは以下のような場合です。

  • 利益確定やロスカット(損切り)時
  • 株価をチェックできない時
  • 上値(下値)ブレイク 時

利益確定やロスカット(損切り)

保有する株を売却する時に売りの逆指値注文を利用します。

利益確定時では、日足チャートの右上がりトレンドが崩れるタイミングを計って、そのラインに逆指値の発注条件をつけて売却注文を出します。

また、ロスカットでは「自分で決めたこれ以上下落したら、損切りしよう」と思うラインを逆指値の発注条件として、売却注文を出します。

ロスカット時の逆指値注文の使い方

株価がチェックできない時

買いたい株があるけど、様子見している状態で株価をチェックできない場合にも逆指値注文は効果的です。

例えば、現在値1000円の株があったとして、買うか迷っているとします。もし株価が値上がりするようなら、買っておきたいという場合には、逆指値注文で1050円以上になったら買い注文を出すといったように、発注するのが効果的です。

上値(下値)ブレイク時

移動平均線や株価チャートなどから、このラインを越えたら上昇(下落)するというようにテクニカル分析を主体とした相場分析をしている場合にも、逆指値注文は効果的です。

ずっと株価チャートに張り付いてチェックしていなくても、目標とするラインを踏めば自動的に注文が発注されるように設定しておきます。

SBI証券の取引ツールを使った逆指値注文

逆指値注文の注文方法の参考に、私が利用している SBI証券 での注文の仕方を紹介します。

関連記事「HYPER SBI」を10年以上使い続ける理由との利用方法【取引ツール】

下の図はSBI証券の取引ツール「HYPER SBI」の取引画面です。

ここで、新規に現物株を逆指値注文してみましょう。

最初に市場を選択しますが、東証を選択します。※SOR(スマート・オーダー・ルーティング)では、逆指値注文が出来ません

逆指値注文01

次に買い注文の選択から、逆指値を選択します。

逆指値注文02

すると逆指値注文用の画面に切り替わるので、発注条件と希望する注文方法「指値注文」か「成行注文」を選択して発注すれば終了です。

逆指値注文03

あとは、注文準備として株価が発注条件に到達するまで待機状態になります。

逆指値注文04

普通の取引注文に比べると少し手順が必要になりますが、自動的に注文を発注してくれるので、相場をチェックしていなくても良いというメリットは大きいですね。

コメント