投資する株の選び方【銘柄探しのポイント】

投資する株の選び方【銘柄探しのポイント】

株を始めたばかりの頃は、何を基準に投資する株を選ぶのかは非常に悩むポイントです。

長く投資を続けて利益を出している個人投資家はどういう基準で株を買っているのでしょうか?

今回は、長期的に利益を出している投資家が株を買う時の探し方と、ポイントとしていることを解説します。

スポンサーリンク

投資する銘柄を探す方法

投資する銘柄の探し方は、人によって様々です。しかし、基本的には「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」を利用する個人投資家が多いと思います。

それらの分析方法を含めて、いくつかの銘柄探しの方法を紹介します。

テクニカル分析で銘柄を探す

テクニカル分析とは株のチャートや売買から、統計的に将来の株価が上昇するか下落するかを判断する分析手法です。

テクニカル分析は以下のようなものがあります。

テクニカル分析を使って、投資する銘柄を探すためには、証券会社のサイトやツールを使って、スクリーニングを行います。

テクニカル分析でオススメの投資スタイル

テクニカル分析は、株の需要と供給のバランスで投資判断を行います。

そのため、長期的な投資よりも、短期投資から中期投資(1日から数カ月程度)で売買をする投資家にオススメです。

ファンダメンタルズ分析で銘柄を探す

ファンダメンタルズ分析は、企業の業績や財務と現在の株価を比較することで、割安か割高かを判断する分析方法です。

主なファンダメンタルズ分析には以下のようなものがあります。

こちらも、テクニカル分析同様に、証券会社のサイトやツールでスクリーニングすることで、投資する株を探すことができます。

ファンダメンタルズ分析でオススメの投資スタイル

ファンダメンタルズ分析では、「株価はいずれ適正な水準に戻る」という投資理論に基づく分析方法です。

割安な株であれば、いつかは業績や財務を織り込んだ株価になるということですね。

そのため、短期の投資よりも、中期投資から長期投資(数カ月から数年)で売買する投資家に向いています。

利用するお店やサービスを提供している会社から選ぶ

普段から自分が利用するお店やサービスの運営会社から、投資する株を選ぶのも、立派な投資判断です。

自分が利用するからこそ、その店やサービスの長所や短所がわかり、その企業の魅力や今後の成長性がわかります。

例えば、100円均一の「セリア(銘柄コード:2782)」は数年前には、当時は他の100円均一に比べて魅力的な商品が多かったために、株価を大きく上昇させました。

利用するお店やサービスから株を探すポイント

自分が利用するということから、株主優待があるかどうかは大きなポイントになります。

配当金だけでなく、実用的な株主優待を貰う事で、より投資効率が向上することは間違いありません。

将来的に成長すると判断でき、魅力的な株主優待も貰えるのであれば、長期投資として株を保有するのがオススメです。

ツイッターなどのSNSで銘柄を探す

今の時代だからこそ出来る投資する銘柄の探し方ですが、ツイッターなどのSNSを利用するのも、立派な投資法です。

例えばツイッターでは、私を含めて多くの個人投資家が情報を発信しています。中には、億トレーダーと言われる凄腕の個人投資家が自分の売買などを発信していることもあり、投資する銘柄を選ぶ参考になります。

SNSから株を探すポイント

SNSでは多くの情報が飛び交うために、その情報が信頼できるかどうかも怪しいというデメリットもあります。

ですから、SNSから投資する銘柄を選ぶ際には、自分が信頼できると思う人の発信から選ぶのがオススメです。

具体的に売買の内容を載せている人や過去の発信内容の信憑性などを基に判断しましょう。

銘柄の探し方で投資期間は違う

上で解説した銘柄の探し方は、どれも効果的な方法ですが、重要なポイントは、銘柄を探す時には自分が投資する期間を明確にすることです。

投資する期間が違うと投資判断が全く違うのが、株式投資では常識です。

短期投資ならテクニカル分析>ファンダメンタルズ分析

デイトレードやスイングトレードで売買する投資スタイルの人が、企業の業績や財務から判断するファンダメンタルズ分析で売買する株を選んでも、ほとんど意味がありません。

それよりも、株の需要と供給のバランスから判断するテクニカル分析を使って投資判断を行う方が遥かに効率的です。

長期投資ならファンダメンタルズ分析>テクニカル分析

逆に、数年単位の長期投資をするなら、株の需給のバランスで投資判断するテクニカル分析は、ほとんど意味がありません。

それよりも、業績や財務状況から判断するファンダメンタルズ分析の方がずっと効率的に株価が上昇する銘柄を見つけられます。

銘柄の探し方は投資期間を意識しよう

このように、投資する時には株を売買する期間も意識することが大切です。

株の探し方と特徴
投資する株の探し方 判断材料 投資期間
テクニカル分析 株の需要と供給 短期から中期
ファンダメンタルズ分析 業績や財務 中期から長期
利用する企業 魅力や株主優待 長期
SNS 信頼できる情報発信者 発信者により

コメント