指値注文と成行注文の使い分け【株式投資の基本的な注文方法】

指値注文と成行注文の使い分け

株を買う時と売る時の基本的な注文方法は、「指値注文」と「成行注文」です。

それぞれの注文方法の違いはシンプルですが、状況や目的によってどちらの方法で注文するか使い分ける必要があります。

今回は指値注文と成行注文の効果的な使い分けの方法について解説します。

スポンサーリンク

指値注文とは?

「指値(さしね)注文」とは、価格を指定して株を買う(売る)ための注文方法です。

例えば、ある株を買う場合に、1000円以下で買いたいとします。その場合には1000円で指値注文すれば、1000円以下で買うことができます。

以下のような注文が入っている場合には、1000円で100株の指値注文をすれば、1000円で株を買うことが出来ます。

株価ボード001

ただし、上の例では1000円での売り注文は300株しかありません。もし300株よりも多い指値注文を出した場合には、300株だけ約定して残りが買い注文として表示されることになります。

株価ボード002

指値注文のメリット

指値注文を使う事で、確実に自分が希望する価格で株を買う(売る)注文を出すことができます。

そのため、株式投資では指値注文が最も基本的な注文方法として、多くの投資家が利用しています。

また、買い指値注文で指定した株価よりも、安い株価での売り注文が入っていれば、希望する株価よりも安く約定することも、指値注文のメリットです。(売り指値注文の場合は高く売れる)

例えば、以下のような場合には1000円の売り注文よりも安い998円で200株の売り注文があります。

株価ボード003

この場合に1000円で500株の買い指値注文を出せば、「998円で200株と1000円で300株の約定」となります。

指値注文の注意点

ただし、指値注文では必ず株を買えるわけではありません。上記の例の場合だと1000円以下で売りたい株が無ければ、注文は約定せずに株を買うことはできません。

株価ボード004

この場合には、あなたの指値注文が1000円の位置に表示され、1000円以下の売り指値注文か成行注文が出るまで、約定を待つことになります。

成行注文とは?

「成行(なりゆき)注文」とは、価格を指定せずに株を買う(売る)ための注文方法です。そのため、成行注文を出した時点で、一番安い売り注文で約定することになります。

例えば、現在の株価1000円の時に成行で買い注文を出したとして、その時点で一番安い売り注文が1020円だった場合には、1020円で約定することになります。

株価ボード5

この場合に500株の買い成行注文を出したら、「1020円の300株と1025円の200株が約定」することになります。

成行注文のメリット

成行注文のメリットは、指値注文よりも確実に株を約定させることが出来るという点です。

どうしても株を買いたい(売りたい)場合には、指値注文よりも成行注文の方が確実と言えるでしょう。

もし株価の現在値付近に注文がなければ、特別気配になり約定するまで株価が上昇(成行買いの場合)か下落(成行売りの場合)することになります。

【特別気配とは】
直近の約定値段から一定の範囲内であれば、即時に売買が成立しますが、その一定の値幅を超える注文が出た場合などは即時に売買を成立させず、株価に応じて一定の間隔で株価の呼び値が変動します。

成行注文の注意点

既に想像がつく方もいると思いますが、成行で買い注文を出した場合に売り注文がなければ、売り注文が出るまで発注した買い注文は上昇しつづけます。

そのため、予想外に高い値段で買いが約定することもあり得ることには注意が必要です。

相場操縦に注意

また成行注文は約定するまで株価が変動してくために、出来高に比べて大量の成行注文を出す場合には、相場操縦的行為と捉えられる場合もあります。

指値注文以上に成行注文を出す場合には、株価に大きな影響を与えないように注意する必要があります。

指値注文と成行注文の使い分け方法

では、株式投資において指値注文と成行注文の使い分けはどうすればいいでしょうか?

株式投資は基本的には指値注文

私の株式投資の経験上、基本的には「指値注文」で注文するべきだと思います。

その理由は、買うつもりのない(売るつもりのない)株価で約定する可能性があることは、投資においてはリスクになるからです。

特に日々の出来高の少ない中小型株では、注文自体が飛び飛びになっていることが多く、成行注文を出すことで必要のないコストが発生するかもしれません。

株価ボード006

このような場合に、仮に1000株の成行注文を出した場合には、最大で1079円で一部約定する可能性があります。そこまで買い急がなくても1020円で指値注文をしておけば、売り注文が出てくるかもしれません。

指値注文でも指値価格を調整すれば成行注文と同様

例えば、上の気配値で、1050円で1000株の買い指値注文をすれば、1050円までに約定できる売り注文が1000株未満の場合には、1050円までは成行と同様に指値でも株価を切り上げることが出来ます。

このように指値注文でも、成行注文と同じような注文が出せる上に、上限や下限も決める事ができます。

どうしても約定させたい時には成行注文

株式投資で成行注文を使うのであれば、どうしても約定させたい場合に限ればとても有効な注文方法です。

成行注文を利用する例

私の成行注文を利用する時の例としては、「ストップ高比例配分」や「ストップ安比例配分」になる株を約定させたい場合です。

【ストップ高(安)比例配分とは】
1日の株価の変動の上限や下限でも売買注文数が合わずに売買が行われない場合に、ザラ場では約定せず大引け後に注文数に応じて約定を配分すること

この場合には、基本的には指値注文よりも成行注文の方が優先されるために、成行注文で注文した方が約定する可能性が高くなります。

参考:株式のストップ配分はどのように行われますか?|SBI証券

投資初心者は指値注文で投資に慣れよう

私の場合には、株式投資で指値注文と成行注文を出す比率は999:1くらいです。それくらい成行注文を使う機会がありません。

投資初心者の方の場合には両方試してみたくなると思いますが、成行注文を試す必要はないと思います。

ただ、どうしても成行注文を試してみたい場合には、100株だけで試してみるのが良いでしょう。

10万円以下の取引手数料が無料の証券会社

コメント