証券口座の開設【証券会社を選ぶポイントと手順】

証券口座の開設【証券会社を選ぶポイントと手順】

株式投資をするためには、証券会社で口座を開設する必要があります。「口座を開設する」というと銀行みたいですが、投資するお金や購入した株券を預けるという意味では同じようなものです。

今回はインターネットで株の売買ができるネット証券についての証券口座の開設について解説します。

スポンサーリンク

証券口座の開設時のポイント

数ある証券会社から、自分が株式投資をするための証券会社を選ぶのは、ある意味、銘柄を探すのと同じくらい大変です。

それぞれに特徴があり、手数料やサービスが異なるために、どこが良いのかを考えるだけで迷ってしまうからです。

ただ、ネット証券の口座開設や口座維持には手数料が一切かかりません。とりあえず気になる証券会社を2,3社程度選んで口座を開設するのが良いと思います。

その際に主なポイントとなるのは以下の通りです。

取引手数料から証券会社を選ぶ

投資をする人にとって一番重要なのは、株を売買する時の取引手数料です。

もし取引手数料が無料であれば、株は買った時より株価が高いか低いかだけで、50%の確率で利益になると言えます。

ですから、取引手数料が安いということは、それだけ株式投資の成績に直結する大切なものです。

ですから、取引手数料が安い証券会社の方が良いというのは間違いありません。

10万円以下の売買なら取引手数料が0円の3つの証券会社

数あるネット証券の中で、以下の3社は1日の売買代金が10万円以下なら手数料が無料です。

初めて証券口座を開設する人で、特に大きな資金で売買しなければ、まずはこの3社の中から証券口座を開くのがオススメです。

私自身はSBI証券を10年以上メインの証券口座として利用しています。

とにかく取引手数料が安い

取引手数料が安い証券会社の中でも、私が特に安いと思うのが、ライブスター証券 の取引手数料です。

別記事の「100万円以下の現物取引手数料の証券会社比較」でも、比較していますが、ライブスター証券の取引手数料は他の証券会社より抜きんでて安いイメージがあります。

1日の約定代金合計額に応じた手数料プラン
証券会社 10万円 20万円 30万円 50万円 100万円 200万円
ライブスター証券 400 400 400 400 600 1,000
SBI証券 0 191 286 429 762 1,162
楽天証券 0 191 286 429 858 2,000
松井証券 0 300 300 500 1,000 2,000
マネックス証券 2,500 2,500 2,500 2,500 2,500 2,500

特に50万円以上の売買を頻繁に行う予定であれば、ライブスター証券で売買することで取引手数料がかなり安くなると思います。

公式ホームページはこちらから→ライブスター証券

FX取引も始めたいならGMOクリック証券

株式投資だけでなく、FX取引も始めたい人には GMOクリック証券 がオススメです。その理由はFX取引において、GMOクリック証券は最大手の取引業者の一つだからです。

とは言え、株式投資においても人気のある証券会社であることも、GMOクリック証券がオススメの理由です。

取引手数料においても、ネット証券の最大手2社よりも安い価格を実現しているからです。

約定代金 GMOクリック証券 楽天証券 SBI証券
〜10万円 95円 97円 97円
〜20万円 105円 113円 113円
〜50万円 260円 270円 270円
〜100万円 470円 525円 525円
〜150万円 570円 628円 628円
〜3,000万円 900円 994円 994円
3,000万円超 960円 1,050円 1,050円

他の証券会社もFX取引は扱っている証券会社も多いですが、株式投資の手数料が安く、FX取引でも人気が高いと言えば、GMOクリック証券が個人的にはオススメです。

公式ホームページはこちらから→ GMOクリック証券

証券口座を開設する手順

では、次に証券口座を開設する手順を解説します。

証券口座の開設は、各証券会社のホームページから口座開設の申し込みが可能です。口座開設の申し込み以降の手順は主に以下の3つだけです。

証券口座開設手順

口座開設に必要なもの

証券口座の開設に必要なものは次の2つです。

  • 本人確認書類
  • マイナンバー

つまり免許証や保険証、パスポートなどと、マイナンバーカードや通知カードですね。

証券会社によっては、ホームページから申し込みする時に、それらの画像を添付すること(Webアップロード)も出来ます。もちろん書類を郵送してもらって、返信する際にそれらのコピーを同封することも出来ます。

申し込みから取引開始までの期間

証券会社によっても多少違いはありますが、大体は1週間から10日程度あれば口座開設から取引開始まで可能です。

ただし、口座開設後に証券口座の専用口座に投資資金を入金する必要があります。

SBI証券なら最短で翌営業日には取引可能

Webアップロードでマイナンバーや本人確認書類を提出するなら、 SBI証券 なら最短で翌営業日から取引可能です。

もし、今思い立ってすぐに始めたいと思うのであれば、Webアップロードをオススメします。

公式ホームページはこちらから→ SBI証券

コメント