制度信用取引と一般(無期限)信用取引の違い【表と図解による解説】

制度信用取引と一般(無期限)信用取引の違い

信用取引とは、自分の投資資金や保有株式を担保にして、その3倍程度の株を買ったり売ったりすることの出来る制度です。

信用取引を利用するためには、証券会社で信用口座の申し込み手続きをすれば利用出来ますが、その種類や仕組みは投資初心者には少し複雑と言えます。

今回は、『制度信用取引』と『一般(無期限)信用取引』の2つの信用取引制度の違いについて説明します。

スポンサーリンク

制度信用取引とは?

制度信用取引とは、簡単に説明すると、「証券取引所が定めたルール(制度)で行われる信用取引のこと」を指します。

制度信用銘柄は証券取引所によって、買い建て、売り建ての両方ができる『貸借銘柄』と、買建のみできる『信用銘柄』に分類されています。

  • 貸借銘柄:買い建てと売り建てが可能
  • 信用銘柄:買い建てのみ可能
  • 買い建て:信用取引で新たに株を買うこと
  • 売り建て:信用取引で新たに株を売ること(空売りともいう)

制度信用取引の返済期限は半年

また、制度信用取引の大きな特徴として、新規で建て玉を持った日(建日)から半年以内に返済しなければいけません。

制度信用取引の期限

もし返済期限が来て返済売買をしなければ、証券会社により自動的に成行売買されるので注意が必要です。

制度信用取引で期限売りにならないためには「現引き」を利用する

制度信用取引で買い建てた株を、半年の期限がきて自動的に決済されないためには、「現引き」という方法があります。

現引きとは、信用で買った建玉を現物株に切り替える方法です。わざわざ建玉を決済してから買い戻す手間が省けるので、想定外に長期保有をしたい建玉があった場合には有効な手段です。

一般(無期限)信用取引とは?

制度信用取引が証券会社によってルールが定められているのに対して、一般(無期限)信用取引は証券会社によってルールが定められた信用取引です。

採用されている銘柄や、『貸借銘柄』か『信用銘柄』どいう選択も証券会社毎に独自のルールで決定されているという事です。

一般(無期限)信用取引は返済期限がない

一般信用取引の大きな特徴の一つは、制度信用取引と違い「返済期限が設けられていない」ことです。

そのため、無期限信用取引とも言われ、返済期限を気にしない取引が出来るのも大きな特徴になっています。

一般(無期限)信用取引の期限

制度信用取引と一般信用取引の違い

以上のことをふまえて、制度信用取引と一般信用取引の違いについて、下の表を見てみましょう。

特徴 制度信用取引 一般信用取引
ルールの設定 証券取引所 証券会社
返済期限 6か月 原則無期限
取り扱い銘柄の選定 証券取引所 証券会社
逆日歩(品貸料) 発生する 発生しない
金利(買い建て時) 2%台 2%後半~3%前半
貸株料(売り建て時) 1%台前半 2%前後

信用取引による取り扱い銘柄数の違い

制度信用取引では、証券会社が一定の基準を満たした銘柄のみを取り扱うために、一般信用取引に比べて、やや厳しいルールが設けられています。

ただ、一般信用取引では証券会社ごとに取り扱う銘柄が違うために、制度信用取引と比べて一概にどちらが多くの銘柄を扱っているかというのは言えません。

また、制度信用取引でも一般信用取引でも、買い建てのみが出来る銘柄と、買い建てと売り建ての両方が出来る銘柄では大きく取扱数も違うために、信用取引で売買したい銘柄がどういった取り扱いなのかは、取引の前に確認する必要があります。

  • 制度信用取引の取り扱い銘柄を確認→日本証券金融
  • 一般信用取引の取り扱い銘柄を確認→利用する証券会社

制度信用取引のみ発生する逆日歩(ぎゃくひぶ)

逆日歩(ぎゃくひぶ)とは品貸料(しながしりょう)とも呼ばれ、制度信用取引で売り建てが可能な銘柄に極端に売りが集中するなどして、空売りのための株に不足が生じた場合に発生する特別な負担金です。

売建した銘柄に逆日歩が発生した場合は、売り建て数に応じて負担金を支払う必要があるということです。

信用取引による逆日歩の違い
種類 買建 売建
制度信用取引 貰える 支払う
一般信用取引 貰えない 支払わない

通常はそれほど大きな額にはなりませんが、非常に稀なケースですが1日持ち越すだけで株価の数%になる事もあるので売り建てする銘柄によっては注意が必要です。

しかし逆に、買い建てをしている銘柄に逆日歩が発生した場合は、逆日歩を受け取る事が出来ます。一概にメリットデメリットとは言えませんが、制度信用取引をする以上は逆日歩は考慮する必要があるでしょう。

逆日歩の発生する銘柄の特徴

逆日歩は、空売りのために売り玉(うりぎょく)として手配する株が不足した時に生じます。

そのため、制度信用取引による買い残が減少し、売り残が増加した時に逆日歩が発生しやすいと言えます。

例えば、短期的に株価が大きく上昇した銘柄では、過熱感が出てきた時には空売りする人が多くなり、信用買いを返済する人が多くなる事から、逆日歩が発生しやすい環境と言えるでしょう。

制度信用取引と一般信用取引の金利と貸株料の違い

返済期限があったり逆日歩が発生する制度信用取引よりも、一般信用取引の方が使いやすいのでは・・と個人的には思います。

しかし、制度信用取引と一般信用取引では金利と貸株料(買い建て、売り建てした金額に応じてかかります)が違うことも考慮しなければいけません。

  • 金利:信用取引の買い建てした金額にかかる
  • 貸株料:信用取引の売り建てした金額にかかる

一般的には、買い建てによる制度信用取引の金利は年率2%台、一般信用取引の金利は2%台後半から3%台前半となっています。また、売り建て時にかかる貸株料では、制度信用取引では年率1.15%なのに対し、一般信用取引では2.00%とさらに大きく違います。

SBI証券の場合の金利と貸株料の違い(年率)
SBI証券 制度信用取引 一般信用取引
金利 2.80% 3.09%
貸株料 1.15% 2.00%

わずかコンマ数%の違いですが、仮に1000万円を信用取引で買い建てをしていると、半年で約15,000円の違いが発生することになります。どちらの信用取引を利用するかは取引する状況によって選択しましょう。