PEGレシオとは【収益率と成長性から株価を判断】

PEGレシオとは【収益率と成長性から株価を判断】

ファンダメンタルズ分析の指標では、PER(株価収益率)やPBR(純資産倍率)など特定の数値に対して株価が割安かどうかを判断します。

今回はそんなファンダメンタルズ分析の中で、収益性と成長力から株価が割安かどうかを判断するPEGレシオについて解説します。

スポンサーリンク

PEGレシオとは?

PEGレシオ(ペグレシオ)は「Price Earnings Growth Ratio」の略称で、日本語に訳すと「価格収益成長率」となります。

ファンダメンタルズ分析では業績や財務などから株価の割安性を測ることが目的ですが、PEGレシオは「企業の成長性」を加味して株価の割安性を測るという特徴があります。

PEGレシオの計算式

PEGレシオの計算式は以下の通りです。

PEGレシオ=予想PER÷予想利益成長率(EPS成長率)

※PER=1株当たりの投機純利益÷現在の株価
EPS=当期純利益÷発行済株式数

詳細記事 PER(株価収益率)とは
詳細記事 EPS(一株当たりの利益)とは

EPS(一株当たりの利益)成長率

EPSの成長率は、今期の予想EPSが100円で来期の予想EPSが120円だとすれば、20%のEPS成長率になります。

PEGレシオの計算例

例えば、PER15倍でEPS成長率が20%の場合にはPEGレシオの計算は以下のようになります。

PEGレシオ=15倍÷20%=0.75

PEGレシオの判断基準

PEGレシオの特徴として、PERが高く成長率が低いほどPEGレシオは高くなり、PERが低く成長率が低いほどPEGレシオは低くなります。

そのため、「PEGレシオの値が小さいほど株価が割安」と判断することが出来ます。

PEGレシオの判断基準は一般的には以下のように考えられます。

  • PEGレシオが2倍以上:割高
  • PEGレシオが1~2倍:適正株価
  • PEGレシオが1倍未満:割安

PEGレシオが有効でないケース

PEGレシオの注意点として、PERやEPS成長率がマイナスだった場合にはPEGレシオもマイナスになるために機能しないという事です。

そのため、以下のような銘柄ではPEGレシオは有効ではないと言えます。

  • 業績がマイナス成長
  • 業績が赤字
  • 成長性がない安定企業
  • 業績のブレが大きい企業

PEGレシオの効果的な利用方法

PEGレシオは、「成長性のある企業」で効果を発揮するファンダメンタルズ指標です。

どういう事かと言えば、成長性のある企業はPER(株価収益率)だけで判断すると、どうしても割高になってしまいます。

東証1部のPER平均が15倍前後にも関わらず、成長性のある企業ではPERが100倍を超えることも珍しくありません。

そういう時にPEGレシオで成長性を加味することで、PERと成長性といった2つの判断材料から株価の割安性を測る事が出来るというわけです。

例えば、PER100倍でも成長率が100%であれば「100倍÷100%=1」となり、PEGレシオは1倍となって割高ではないという判断になります。

PEGレシオが効果的に働くのは以下のような企業です。

  • 成長性のある企業
  • 新興市場の企業
  • 継続的に業績を伸ばす企業

ファンダメンタルズ分析は一つの指標だけで全ての方向から割安性が判断できるわけではありません。

投資したい企業の特徴によって、様々なファンダメンタルズ分析の指標を使い分けることが大切です。

コメント