総資産利益率(ROA)の基本と使い方

ファンダメンタルズ分析「総資産利益率(ROA)」

この記事ではファンダメンタルズ分析の代表格の1つである「総資産利益率(ROA)」について解説します。

最近では代表的なファンダメンタルズ分析となった自己資本利益率(ROE)ですが、それだけでは企業の利益効率をみる指標としては不十分な一面もあります。

総資産利益率(ROA)では他人資本(銀行からの借入など)も加えて企業の利益率を求めるため、ROEと併用することでより正確な企業の収益力を分析することができます。

スポンサーリンク

総資産利益率(ROA)とは?

総資産利益率(ROA)は企業の収益効率を測る指標の一つで、ROAとは「Return On Assets」の略称です。

「総資産」、を基準に考えて、どれだけの利益を生み出せたかというのを数値化したものが総資産利益率です。

総資産利益率(ROA)の計算式

  • 当期純利益÷総資産×100%

例えば、

  • A社:純利益2億円÷総資産10億円×100=総資産利益率20%
  • B社:純利益2億円÷総資産20億円×100=総資産利益率10%

この場合、ROAで分析した場合にはA社の方が資金効率が良い会社というのがわかります。

総資産と自己資本の違い

ROAとROEの違いは、総資産から利益率を見るのか、自己資本から利益率を見るのかの違いです。

では総資産と自己資本の違いは何でしょうか?

簡単に言えば、「総資産=自己資本+他人資本」ということになります。

他人資本とは銀行からの借入など、返済義務がある資本の事です。つまり、企業が持つ資本ではなく借り物の資本です。

対して自己資本は株主などから調達した資本金や利益の剰余金など返済義務がない資本です。

ですから、

  • 総資産利益率(ROA)は返済義務のある資本も含めての利益率
  • 自己資本利益率(ROE)は返済義務のない資本の利益率

ということになります。

総資産利益率(ROA)からわかること

総資産利益率では、どれだけの資産があれば、どれだけの利益が上げられるのかがわかります。

自己資本利益率は、自己資本から求めるために他人資本がどれだけあるのかがわかりません。多くの借入をして、その資金を上手に運用して利益をだしているのか、それとも借入をせず企業の資金だけで経営しているのかでは、同じ自己資本利益率でも違いは大きくなります。

まともな会社であれば、無駄に銀行などから借り入れることはなく、当然必要な資金として借入を行います。

ですから総資本利益率を見る事で、企業がどれだけの資金を利用して利益を出しているかがわかります。当然、ROE同様にROAも高い方が一般的には優秀な企業ということになります。

総資産利益率(ROA)の目安

前回の記事で「ROEが7%が平均、10%以上あれば優秀」という目安を解説しましたが、総資本利益率では他人資本も含まれるためにROEよりは低い数値になります。

ROEの数値は日本証券所グループのデータを元に計算しましたが、ROAでは私個人では具体的に目安を示すデータが見つかりませんでした。

ただ、ROAについて書かれているサイトなどをみると、総資産利益率(ROA)は5%を超えると優秀な企業だと言えるようです。

総資産利益率(ROA)の優良企業の目安は5%

総資産利益率(ROA)の注意点

総資産利益率の注意点は、自己資本と他人資本の比率がわからないことです。

例えば、同じROA10%でも

総資産利益率(ROA)が10%の比較

  • A社:自己資本8割・他人資本2割
  • B社:自己資本2割・他人資本8割

このA社、とB社では大きく内容が違います。

A社では自己資本が8割を占め借入はたった2割にたいして、B社では借入金など他人資本が自己資本の4倍もあります。

総資本でみる利益率は同じですが、安定性の高いA社と成長性の高いB社とは投資対象として考えると真逆の企業ですね。

【まとめ】ROAとROEで見極める

資金効率を見ることは、優秀な企業がどうかを見極めるポイントの一つです。

そのため、どれだけ効率よく資金を利用出来ているかを表す総資産利益率(ROA)は、大切なファンダメンタルズ分析の一つです。

ただ、単独で企業の良し悪しを判断することは出来ません。自己資本比率(ROE)や株価収益率(PER)、純資産倍率(PBR)なども参考にして、投資判断を行うようにしましょう。

コメント