相場操縦とは?【株式投資初心者が注意すべき不公正取引】

株価操縦とは?

株式投資をこれから始める人や始めて間もない人にとって、株式取引の禁止行為を知らない内に犯している可能性もあります。

その中でも「相場操縦的行為」と言われる、株価を意図的の操作するような行為は、「風説の流布」と並んでやってしまいがちな禁止行為です。

そこで今回は、株の売買における「相場操縦的行為」について解説します。

スポンサーリンク

相場操縦的行為とは?

相場操縦的行為とは、本来公正な価格形成が行われるべき相場を、人為的に意図をもって歪める行為を指します。

これらの行為は、取引所金融商品市場の公正な価格形成を歪める行為であり、法律により禁止されていて、違反した場合には罰則が科せられるケースがあります。

相場操縦的行為やそれに準ずる取引は主に次のようなものです。

  • 見せ玉
  • 仮装売買
  • 馴合売買
  • 終値関与
  • 買い上がり(売り崩し)
  • 作為的相場形成
  • 売買高関与
  • 株価固定
  • 高値安値形成

見せ玉

特定の株式の売買が活況に行われていると他の投資家に誤解させ、取引を誘引することを目的とした注文です。

「売買を成立させる意図のない大量の注文の発注・取り消し・訂正を繰り返す行為」のことを言います。

見せ玉の例

下の表はAさんという投資家が買い板に見せ板を発注している例です。

Aさんによる見せ板の例
売数量 株価(円) 買数量 内Aさんによる買数量
600株 105
1000株 104
800株 103
300株 102
600株 101
100 4000株 3000株
99 3000株 3000株
98 5500株 5000株
97 4800株 4000株
96 6000株 5000株

このように、売り注文よりも極端に多い買い注文を並べることで、株価が下落しにくい状況を意図的に作り出しています。

仮装売買

特定の株式の売買が活況に行われていると他の投資家に誤解させ、取引を誘引することを目的とした売買です。

「同一人物によって同一時刻、同一価格での買い注文と売り注文を約定させる行為」のことを言います。

仮装売買の例

下の表はAさんという投資家による仮装売買の注文が約定した時の例です。

Aさんによる仮装売買の例
売数量 株価(円) 買数量
600株 105
1000株 104
800株 103
300株 102
600株 101
Aさんの10000株の買い注文 100 Aさんの10000株の売り注文
99 500株
98 400株
97 500株
96 1000株
95 300株

このような板状況で、10000株の注文をだし約定させることで売買が活況であるように偽装しています。このような取引が仮装売買に当たります。

馴合売買

仮装売買と同様に他の投資家を誤解させ、取引を誘引することを目的とした売買です。

「知り合い同士で予め約束した上で、同一時刻に同一価格での買い注文と売り注文を約定させる行為」のことを言います。

仮装売買では、Aさんが一人で買いと売りの注文を出し約定させていましが、馴れ合い売買ではAさんとBさん(またはそれ以外の人物)で売買を偽装します。

終値関与

「立会時間終了間際の発注で、直近価格よりも高い又は安い価格で終値を形成させる行為」のことを言います。

始値や終値は相場形成に影響しますが、特に終値は翌日の寄り付き株価にも影響を与えるため、非常に大きな要素です。

買い上がり(売り崩し)

特定の株式を意図的に高く又は安くする事で、何らかの思惑で相場が上昇または下落していると、他の投資家に誤解させ、取引を誘引する行為です。

作為的相場形成

他の投資家の取引を誘引する意図がなかったとしても、取引の内容から相場を作為的に形成したものと客観的に認められる取引をいいます。

本人に意図がなくとも、そう捉えられる可能性があるということですが、例えば以下のような例があります。

作為的相場形成になる事例

例えば、株価下落によって信用取引の証拠金が不足し追証がでる可能性があったために、自らが終値付近で買い上げ、株価を上昇させることがこれに当たります。

他の投資家に対して株価を吊り上げる意図はないにしても、株価を自分の都合により不自然に引き上げることが禁止行為というわけですね

売買高関与

「特定の銘柄の1日の出来高に対する、自身の出来高の割合が高い状態が継続すること行為」のことを言います。

売買高関与は1日の出来高が少ない銘柄で見られることが多い行為です。

相場操縦的な意図がなくても、出来高は価格形成に大きな影響を与える要素ですので、場合によっては意図的な株価の引き上げや引き下げなどと判断される場合があるそうです。

株価固定

株価が変動を意図的に抑える目的の売買行為を言います。

例えば、大量の買い注文と売り注文を近い範囲で出すことによって、その範囲内に株価の変動が収まるように仕向けます。

高値安値形成

特定の株式の価格を高く又は安くすることを目的として、当日の高値又は安値を付ける取引を反復継続して行ったり、複数日にわたり高値又は安値を付ける行為を繰り返すような取引を言います。

株価操縦的行為での罰則

これらの相場操縦的行為による罰則は「金融商品取引法」で定められています。

【金融商品取引法】
有価証券の発行や売買などの金融取引を公正なものとし、投資家の保護や経済の円滑化を図るために定められた法律です。

金融商法取引法の中では、以下のように罰則規定が定められています。 SBI証券 からの引用になりますが、以下のようになっているようです。

不公正取引(相場操縦的行為及び風説の流布等)を行った者は、10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金(又は懲役と罰金の両方)【197条1項5号】

財産上の利益を得る目的で、不公正取引行為により相場を変動又は固定させたりして、その相場により取引を行った者は、10年以下の懲役及び3,000万円以下の罰金がかけられます【197条2項】

相場操縦にならないための注意点

ただ、相場操縦的行為を一般的な個人投資家が、普通に取引する上ではそれほど心配する必要ないでしょう。

気を付けるポイントは以下の通りです。

  • 普段の気配値と比べて大き過ぎる注文を出さない
  • 出来高と自分の約定した株数の割合に気を付ける
  • 継続的に終値に関与する取引をしない
  • 自分の買い注文に売り注文をぶつけない

基本的には、意図的に株価を操作するつもりがなければ、これくらいの事を気を付けていれば大丈夫だと思います。

また、私が利用する SBI証券 では、株価操縦などになりそうな場合には警告メッセージを出してくれるような機能もあります。※例えば以下のようなメッセージ

SBI証券の確認画面

相場操縦的行為は当事者だけでなく証券会社にとっても避けたい取引だからです。ですから他の証券会社でもそういう相場操縦的行為をしないように働きかける機能やメッセージはあると思います。

コメント