順張りと逆張り【売買のタイミングの違い】

順張りと逆張り【売買のタイミングの違い】

株式投資で株を売買するタイミングを「順張り」「逆張り」と表現します。

今回はこの順張りと逆張りの売買のタイミングと特徴について解説します。

スポンサーリンク

順張りと逆張りの違い

順張りとは、株価が上昇トレンドにある時に株を買う、または下落トレンドにある時に株を売る売買のことを言います。

つまり、トレンドに素直に従った売買をすることを順張りと言います。

逆張りとは、株価が大きく下落した時などに反発を見越して株を買う、または急騰した時に反落を見越して株を売る売買のことを言います。

つまり、株価の反転を狙って売買することを逆張りと言います。

  • 順張り・・トレンドに従った売買
  • 逆張り・・トレンドの反転を狙う売買

順張りと逆張りは投資判断が全く違う

同じ株の売買ですが、「順張り」と「逆張り」では、売買のタイミングやその後の利益確定や損切りについての投資判断は全く違います。

そのため、投資家のタイプによっても、順張りと逆張りのどちらが得意かというのは変わってきます。

順張りが向いている投資家

順張りが向いている投資家のタイプは主に以下のような特徴があります。

  • 強いトレンドを好む
  • 下落トレンドでは積極的に売買を行わない
  • トレード回数はどちらかと言えば少ない

順張りの投資家は基本的には上昇トレンドで集中して利益を出し、売買が不利になるような下落トレンドでは積極的に投資は行わない事が多いでしょう。

株価や相場は波のように日々小さい上昇と下落を繰り返しますが、上向きにトレンドが出ている以上は、株を保有していれば利益に繋がります。そのため、株価の小さな変動で利ザヤを稼ぐ取引は順張りを好む投資家には少ないように思います。

逆張りが向いている投資家

逆張りが向いている投資家のタイプは主に以下のような特徴があります。

  • トレンドの転換点を好む
  • 株価が通常とは違う動きをしている銘柄で積極的に売買を行う
  • 比較的トレード回数が多くなる

逆張りの投資家はトレンドの転換点に注目して株の売買を行っています。日々の値動きの中で、大きく普段の動きから逸脱したような株を中心に、トレンドが変わったタイミングを見計らって売買し利ザヤを稼ぎます。

逆張りを好む投資家は、大きなトレンドよりも細かくトレンドが変わるような銘柄に多く、新興市場などの値動きの大きい銘柄などで、短期的にトレードを繰り返す傾向があるように思います。

順張りと逆張りの売買タイミングは?

順張りと逆張りでは投資家のタイプが違うということを解説しましたが、具体的にはそれぞれ、どういったタイミングで株を売買するのでしょうか?

順張りの株を買うタイミング

順張りの株を買う基本的なタイミングは次のような場合です。

  • 高値更新(直近高値・年初来高値・上場来高値など)
  • 押し目買い(長い上昇トレンドの中の短期的な下落)

高値更新

順張りの投資家にとって一番基本的な株を買うタイミングは、「高値更新」です。直近高値や年初来高値、上場来高値など、あらゆる意味で高値を抜けるというのは、多くの投資家にとって損切りをする必要がないタイミングとなります。

そのため、高値更新後は売却に回る投資家が少ないことから、より上昇する可能性の高いタイミングと言えます。この高値更新は「ブレイクスルー」とも言われています。

押し目買い

もう一つは、長期的には上昇トレンドを維持していても小さな下落がある時です。これを「押し目買い」と言います

トレンドは維持していても、株価の変動には小さな波があります。それが上昇トレンドを維持している範囲内であれば、その時の下落は順張りで株を買うためのタイミングと言えます。

逆張りの株を買うタイミング

逆張りの株を買うタイミングは次のような場合です。

  • 下落トレンドからの出来高急増
  • 材料による短期的な株価の急落

下落トレンドからの出来高急増

下落トレンドが続いていて、突如として出来高が急増する時にはトレンド転換の可能性があります。

下落トレンドで出来高が増えるということは、それだけ株価水準が安いから買いたい投資家が増えていると考えることが出来るからです。

短期的にか長期的にかはわかりませんが、出来高が増加した時には株主の入れ替えも行われるために、新しい投資家が増える事から株価が上昇する期待も持たれます。

材料による短期的な株価の急落

もう一つは、材料による短期的な株価の急落です。

順張りの押し目買いとは違い、良くない材料が出たことによって株価が下がる時は、いち早く損切りや利益確定をしたい株主が売り急ぐために、材料以上に株価が下落する可能性が高いと言えます。

そのため、株価が行き過ぎて下落した場合には、ある程度適正な水準まで株価が戻すことになります。そういった材料による短期的な下落は、逆張りの投資家にとっての買いのタイミングになります。

順張りも逆張りも売り時は難しい

売り時は順張りでも逆張りでも難しいのが株式投資です。なぜ難しいかと言えば以下のような理由があるからです。

  • 順張り・・下落した時に押し目かトレンドの反転かを見極めなければいけない
  • 逆張り・・トレンド転換して上昇した株がどこまで戻すのかを見極める技術が必要になる

そのため、株を売るタイミングは買いのタイミングよりも投資家によって大きく違います。

そこで、それらを見極めるために必要になるのが投資分析です。

順張りと逆張りの売買タイミングを見極める投資分析

順張りと逆張りのどちらにしても言える事は、「トレンドが継続するか反転するか」を見極めるのが重要です。

その見極め方法としてあるのが、以下のようなテクニカル分析です。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • RCI
  • MACD
  • 一目均衡表

別の記事で、テクニカル分析については詳しく解説していますので、ここでは省きますが、トレンドが継続と判断できるかを知ることで、投資による利益を出すことが出来ます。

逆に、ファンダメンタルズ分析で売買タイミングを見極めるのは難しいと言えます。ファンダメンタルズ分析は、株価が割安か割高かを判断する投資分析ですから、それが必ずしもトレンドを見極めるわけではありません。

順張りにしても逆張りにしても、投資のタイミングを見極めるにはテクニカル分析の知識や技術が必要不可欠と言えるでしょう。

コメント