下落相場(急落相場)で使える株式投資テクニック1

下落相場(急落相場)で使える株式投資テクニック1

「上げ100日下げ3日」というように株式市場の値動きは上げる時よりも下げる時の方がずっと早くなります。

理由は簡単で、持っているものの価値が下がるのは持っていないものの価値が上がるよりも当事者にとって深刻だからです。さて、そんな下落相場において私が普段から使っているテクニックを紹介します。

スポンサーリンク

保有株の中で下落幅の小さい銘柄を売り、大きい銘柄を買い増しする

タイトルの通りですが、保有株が複数ある場合のテクニックです。

例えばA社とB社の株を100万円保有いたとして、A社が10%下落してB社が3%しか下落していない場合にどうするかという事です。

この場合、私はまず「B社の株を20万円分3%下落したところで売却して、A社の株を20万円分10%下落したところで買い増ししよう」と考えます。

下落相場のテクニック

理由は単純で、値下がり幅が大きい方が、反発も大きいし、さらに下落したとしても、大きく下落したA社の方がB社よりも下げ幅は小さいかもしれないと思うからです。

ただ、株式投資はそう単純ではないのは投資をされている方なら十分にご存知だと思います。このテクニックを利用するにはいくつかの条件を満たしている場合に限ります。という事で、その条件について2つ下にまとめてみました。

条件1:長期保有を目的とした株である事

これは、急落相場であっても自力で回復する底力があるかということを意味します。株式相場での変動の大きな要因の一つは需給によるものです。需給とは簡単に言えば、人気のあるなしですね。

業績の良い会社であっても、業績が悪い会社であっても、株価の変動はどれだけ投資家が注目しているかによって大きく異なります。現時点で、その会社の株を数年、数十年保有してもいいかどうか。それを考える必要があります。

なぜなら下落相場、急落相場では買いたい人よりも売りたい人の方が多いということです。

そこで、特に長期的に保有したいわけじゃなく、投機目的で買っている銘柄を買い増しする行為はリスクでしかありません。

ですから、ファンダメンタル的にしっかりと腰を据えて保有していられるような銘柄であることは前提です。

業績が安定していて財務が良好である長期投資できる銘柄

条件2:二つの株の性質が離れすぎていない事

性質というと漠然としていますが、要はあまりボラティリティやPER(株価収益率)・PBR(純資産倍率)などの数値が違いすぎていない事が大切です。

例えば、東証2部の普段からそれほど売買のない低PERの株とマザーズの普段からボラの激しい高PERの株の間でこの手法を用いるのは適していません。

極端な話、同じ業種、同じ市場、同じようなファンダメンタルの株であれば、よりこの手法が成功する確率が高くなるという事です。

比較する銘柄のPER・PBRや業種が近い

株価の変動は銘柄によってタイミングが異なる

この方法が有効な理由の一つは、銘柄によって株主が異なることから、同業種や業績の似ている銘柄でも、短期的な動きは大きく異なるからです。

大企業などの大型株であれば、業種が似ていれば大きな違いはないかもしれませんが、中小型株の場合には、1日で売買される株数自体が非常に少ないことが普通です。

中小型株は少数株主に影響されやすい

そのため、中小型株では下落相場でパニックになった少数の株主の成行売りなどで、大きく株価に反応してしまうことは珍しくありません。

その結果、片方は下落相場の初めから大きく株価を下げ、もう一方は少し遅れて下落が始まるという事が起こります。

私自身も下落相場では、保有株の中で似ている銘柄同士で株価の変動を比較し、投資割合を変える事で、結果的に資金効率を上げるという手法を良く用いています。

急落相場でただ保有株が下落するのを見守っているのであれば、こういうテクニックを試してみるのも良いかもしれません。

コメント